FreeBSD The Power to Serve

FreeBSD を入手する

過去、現在、そして将来のリリースについては リリース情報 をご覧ください。

アーキテクチャの選択

FreeBSD のユーザであれば、 amd64 または aarch64 のハードウェアをお持ちでしょう。 これらのハードウェアには良く対応しています。

amd64 は、最近の Intel® プロセッサを搭載するような PC で使用してください。

aarch64 は、組み込みデバイスや、多くの Allwinner および Rockchip ボード同様 Raspberry Pi 3 および 4, ESPRESSObin といったシングルボードコンピュータ (SBC) で使用してください。

ここで触れていないアーキテクチャについては、 対応しているプラットフォーム を参照してください。

イメージの選択

FreeBSD インストーラ: CD (disc1), DVD (dvd1) およびネットワークインストール用の ISO ディスクイメージ (bootonly)、そして標準的なサイズと最小サイズの USB メモリスティックの形式が用意されています。

仮想マシン: 仮想ディスクイメージには、FreeBSD がインストールされています。

組み込みプラットフォーム: SD カードイメージが用意されています。

開発および試験

以下の RELEASE 前のバージョンの FreeBSD は、プロダクション環境での使用に向いていません:

  • CURRENT – メインブランチ。開発の中心。

  • STABLECURRENT から枝分かれしたリリースエンジニアリングのための長期的なブランチ。

  • リリースエンジニアリング – ALPHA, BETA, リリース候補版 (RC) – STABLE から枝分かれしたブランチ。

大文字の表記には特別な意味があります。たとえば:

  • beta release は、(プロダクション品質の) RELEASE ではありません。 CURRENT という単語は時に混乱の原因となります。

  • もしあなたが FreeBSD の current version (最新のバージョン) を探しているのであれば、おそらく RELEASE バージョン (上記を参照) のことです。 – CURRENT のことでは ない でしょう。

CURRENT は開発プロセスにおいて特別な意味を持っています。

開発スナップショット

FreeBSD スナップショットリリース ページをご覧ください。

FreeBSD 14.0-CURRENT

amd64, i386, powerpc, powerpc64, powerpc64le, powerpcspe, armv6, armv7, aarch64 および riscv64 のインストーラおよび SD カードイメージが用意されています。

amd64, i386, aarch64 および riscv64 の VM イメージが用意されています。

FreeBSD 13.1-STABLE

amd64, i386, powerpc, powerpc64, powerpc64le, powerpcspe, armv6, armv7, aarch64 および riscv64 のインストーラおよび SD カードイメージが用意されています。

amd64, i386, aarch64 および riscv64 の VM イメージが用意されています。

FreeBSD 12.4-STABLE

amd64, i386, powerpc, powerpc64, powerpcspe, sparc64, armv6, armv7 および aarch64 のインストーラおよび SD カードイメージが用意されています。

amd64 および i386 の VM イメージが用意されています。


最終更新日: 2022年12月7日 by Ryusuke SUZUKI