FreeBSD The Power to Serve

FreeBSD/amd64 プロジェクト

大槌を振る BSD デーモン

このページは AMD 社 の AMD64 アーキテクチャ、および Intel® 64 アーキテクチャへの FreeBSD の移植に関する情報をまとめたものです。 これらのプラットフォームは “x86-64” または “x64” としても知られています。 FreeBSD/amd64 は、最近の AMD および Intel CPU のすべてに適しています。

AMD64 アーキテクチャは、以前は “Hammer” として知られていました。 Intell 64 アーキテクチャは、以前は Yamhill, Clackamas Techchnology (CT), IA-32e、および EM64T (Extended Memory 64-bit Technology) として知られていました。

新しい AMD Sempron™, AMD Opteron™, AMD Athlon™ 64, AMD Turion™ および AMD Phenom™ プロセッサ、そして AMD “Bulldozer” および “Bobcat” コアのプロセッサはすべて AMD64 アーキテクチャを採用しています。

Intel vPro™, Intel Celeron D (一部のモデルは “Prescott” を採用), Intel Centrino® Duo, Intel Centrino® Pro, Intel Viiv™, Intel Core™2 Extreme, Intel Core™2 Quad, Intel Core™2 Duo, Intel Xeon (3000 系、5000 系、および 7000 系)、 そして Intel Core™ i プロセッサは、Intel®64 アーキテクチャを採用しています。

現状

FreeBSD/amd64 は単一プロセッサモード、マルチプロセッサモードの両方において、 64 ビットのマルチユーザーモードで動作します。

AMD64 プラットフォームは、Tier 1 FreeBSD プラットフォームです。

FreeBSD/amd64 関連情報


最終更新日: 2021年6月19日 by Danilo G. Baio