Skip site navigation (1) Skip section navigation (2)

BSD デーモン

この周辺のたくさんのページにいろどりを添えているちっちゃな赤いやつの正体が BSD デーモン (Daemon) 君です。UNIX® システムの世界では、 デーモンというのはバックグラウンドで人の手を借りずにいろいろなタスクをこなすプロセスを意味します。 一般的には、デーモンは悪魔 (demon) という単語の古いつづり方のことです。Unix System Administration Handbook の中で、Evi Nemeth はデーモンについてこう言っています。

"多くの人々が ``daemon'' と ``demon'' という単語をごっちゃにして、UNIX と暗い地下世界との間の悪魔的なつながりをにおわすのに使用していますが、 これはとんでもない誤解というものです。``Daemon'' は本当は ``demon'' のずっと古いかたちなのです。 デーモンは善にも悪にも特別な偏りがあるわけではありませんし、 それどころか人が人格や個性を確立するのを助ける役割があるのです。 古代ギリシャの ``Personal daemon'' という概念は、現代の ``守護天使'' の概念と似ており、``eudaemonia'' というのは、 親切な精霊に助けられたり守られたりしている状態のことでした。 まあ、UNIX システムはいつもデーモンと悪魔の両方に棲み憑かれているようですが。" (p403)

一番最初に (一番有名でもあります) 登場した BSD デーモン君の肖像は John Lasseter の手によるものでした。FreeBSD 界でのごく最近の肖像は ほそかわ たつみ氏によって描かれていますが、 アイディアのおおもとは間違いなく John によるものです。 デーモン君の創造者であり著作権保持者でもあるのは Marshall Kirk McKusick です。 ちょっとした 絵の歴史もあります。こちらはデーモン君がいっぱい出てくる FreeBSD 関連の出版物の陳列室。

様々な大きさのデーモン君のぬいぐるみや帽子が the FreeBSD Mall beanie daemonから手に入ります。

BSD Daemon Copyright 1988 by Marshall Kirk McKusick. All Rights Reserved.

デーモン君の使用許可は

Marshall Kirk McKusick
1614 Oxford St
Berkeley, CA 94709-1608
USA

または、e-mailで mckusick@mckusick.com から得てください。

知的財産権のホームに戻る