6.2. ブラウザ

FreeBSD では Web ブラウザは事前にインストールされていません。 そのかわり、Ports Collection の www カテゴリには数多くの Web ブラウザ が用意されており、 多くのプログラムを packages からインストールしたり、 Ports Collection からコンパイルできます。

KDEGNOME デスクトップ環境には、 それぞれ HTML ブラウザが用意されています。 これらのデスクトップ環境を設定するための情報については 「デスクトップ環境」 を参照してください。

軽量なブラウザには、 www/dillo2, www/links, および www/w3m といったものがあります。

この節では、広く使われている以下の web ブラウザのインストール方法について説明します。 もし、アプリケーションがリソースを大量に消費したり、 ports からのコンパイルに時間がかかったり、 他の ports に大きく依存する場合には、そのことについても触れます。

アプリケーション名必要なリソースport からのインストール備考
FirefoxFreeBSD, Linux® および地域化されたバージョンを利用できます。
OperaFreeBSD と Linux® 版を利用できます。
KonquerorKDE ライブラリを必要とします。
ChromiumGtk+ を必要とします。

6.2.1. Firefox

Firefox は、 標準に準拠した HTML 表示エンジン、タブブラウジング、ポップアップブロック、 拡張性、高い安全性などが特徴のオープンソースのブラウザです。 FirefoxMozilla のコードベースから派生したブラウザです。

最新の Firefox の package をインストールするには以下のように入力してください。

# pkg install firefox

Firefox 延長サポート版 (ESR: Extended Support Release) を利用したい場合には、 かわりに以下のように入力してください。

# pkg install firefox-esr

ローカライズ版は、www/firefox-i18n および www/firefox-esr-i18n から利用できます。

かわりにソースコードから希望の firefox をコンパイルすることもできます。 この例では www/firefox をビルドしますが、 firefox の部分は、 インストールする ESR やローカライズに置き換えることもできます。

# cd /usr/ports/www/firefox
# make install clean

6.2.2. Opera

Opera は、 機能満載で、標準規格に準拠したブラウザで、 軽量で高速です。 メールおよびニュースリーダや、IRC クライアント、 RSS/Atom フィードリーダ、その他いろいろなものが組み込まれています。 FreeBSD ネイティブ版と、Linux® バイナリ互換機能によって動作するバージョンを利用できます。

以下のコマンドは、FreeBSD 版の Opera package をインストールします。 Linux® 版をインストールするには、 operalinux-opera に置き換えてください。

# pkg install opera

あるいは Ports Collection からインストールしてください。 以下のコマンドで、ネイティブ版がインストールされます。

# cd /usr/ports/www/opera
# make install clean

Linux® 版の Opera をインストールするには、operalinux-opera に置き換えてください。

Adobe® Flash® プラグインをインストールするには、 まず www/linux-flashplayer port をコンパイルしてください。 ライセンスの制限により package は利用できません。 その後、www/opera-linuxplugins をインストールしてください。 以下の例では、両方のアプリケーションを ports からコンパイルします。

# cd /usr/ports/www/linux-flashplayer
# make install clean
# cd /usr/ports/www/opera-linuxplugins
# make install clean

インストールが終了したら、 プラグインがインストールされたかどうかをブラウザを起動して確認してください。 ロケーションバーに about:plugins と入力して Enter を押してください。 現在利用可能なプラグインの一覧が表示されます。

Java プラグインを追加するには、 java/icedtea-web をインストールしてください。

6.2.3. Konqueror

Konqueror はブラウザであると同時に、 ファイルマネージャおよびマルチメディアビューアの役割も果たします。 x11/kde4-baseapps package または port に含まれています。

Konqueror は、KHTML とともに、WebKit にも対応しています。WebKit は Chromium など最近のブラウザの多くで採用されているレンダリングエンジンです。 FreeBSD の Konqueror で WebKit を使うには、www/kwebkitpart package または port をインストールしてください。 以下の例では、package をインストールします。

# pkg install kwebkitpart

Ports Collection からインストールするには、 以下のように実行してください。

# cd /usr/ports/www/kwebkitpart
# make install clean

Konqueror で、WebKit を有効にするには、 Settings, Configure Konqueror をクリックしてください。 General の設定ページにおいて、 Default web browser engine の隣の ドロップダウンメニューをクリックし、WebKitKHTML に変更してください。

KonquerorFlash® にも対応しています。 KonquerorFlash® を導入するための How To ガイドが http://freebsd.kde.org/howtos/konqueror-flash.php にあります。

6.2.4. Chromium

Chromium は、 オープンソースのブラウザのプロジェクトで、 より安全かつより高速、 より安定したウェブブラウジングを目指しています。 Chromium は、タブブラウジング、 ポップアップブロック、拡張機能などの機能を持っています。 Chromium は、Google Chrome ウェブブラウザがベースとしているオープンソースのプロジェクトです。

Chromium は、 以下のように入力することで package からインストールできます。

# pkg install chromium

または、Ports Collection を用いて ソースから Chromium をコンパイルしてインストールできます。

# cd /usr/ports/www/chromium
# make install clean

注記:

Chromium の実行可能ファイルは、 /usr/local/bin/chrome です。 /usr/local/bin/chromium ではありません。

本文書、および他の文書は https://download.freebsd.org/ftp/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。