FreeBSD 9.2-RELEASE インストールガイド

The FreeBSD Project

$FreeBSD: head/ja_JP.eucJP/htdocs/releases/9.2R/installation.html 42909 2013-10-09 11:56:24Z ryusuke $

FreeBSD is a registered trademark of the FreeBSD Foundation.

Intel, Celeron, EtherExpress, i386, i486, Itanium, Pentium, and Xeon are trademarks or registered trademarks of Intel Corporation or its subsidiaries in the United States and other countries.

SPARC, SPARC64, SPARCengine, and UltraSPARC are trademarks of SPARC International, Inc in the United States and other countries. SPARC International, Inc owns all of the SPARC trademarks and under licensing agreements allows the proper use of these trademarks by its members.

Many of the designations used by manufacturers and sellers to distinguish their products are claimed as trademarks. Where those designations appear in this document, and the FreeBSD Project was aware of the trademark claim, the designations have been followed by the “™” or the “®” symbol.


この文書では、FreeBSD 9.2-RELEASE のインストール方法、 および過去のリリースのシステムをアップグレードする方法について簡単に説明します。


1 FreeBSD のインストール

FreeBSD ハンドブック“FreeBSD のインストール” の章には、 スクリーンショットを用いたインストールの各プロセスの説明を含む、 インストールプログラムのより詳細な情報があります。


2 FreeBSD のアップグレード


2.1 ソースコードを用いたアプグレード

ソースコードを用いたアップデートの手順については、http://www.FreeBSD.org/doc/ja_JP.eucJP/books/handbook/synching.html および http://www.FreeBSD.org/doc/ja_JP.eucJP/books/handbook//makeworld.html で説明されています。

SVN を用いる場合には releng/9.2 ブランチを利用してください。 このブランチには、将来の Security Advisories や Errata Notice がすべて適応されます。

CVS はサポートされていません


2.2 “FreeBSD Update” を用いたアップグレード

freebsd-update(8) は、 古い FreeBSD リリースをバイナリによってアップグレードするユーティリティです。 i386 および amd64 システムに対応しています。 以下のように、 8.[34]-RELEASE, 9.[01]-RELEASE, 9.2-BETA[123], および 9.2-RC[1234] がインストールされているシステムをアップグレードしてください。

# freebsd-update fetch
# freebsd-update install

これで freebsd-update(8) ユーティリティは、 9.2-RELEASE のパッチをダウンロードできるようになりました。 コマンドの実行中に、 freebsd-update(8) が設定ファイルの変更点を反映させるかどうか尋ねてくることがあります。

# freebsd-update upgrade -r 9.2-RELEASE

リリースメディアに FreeBSD をパッケージする方法が変更になったため、 FreeBSD 8.x からアップグレードする場合には、 このプロセスにおいて 2 つの厄介な問題が起こる可能性があります。

  1. これまで /boot/kernel または /boot/GENERIC に置かれていた FreeBSD のカーネルは、 /boot/kernel のみに置かれることになりました。 そのため、 /boot/GENERIC に置かれたカーネルは削除されます。 freebsd-update(8) の出力を注意深く読み、 アップデートされたカーネルが、これ以降 /boot/kernel に置かれることを確認してください。

  2. /usr/src にある FreeBSD のソースツリーは、 (存在している場合には) 削除されます (通常、 freebsd-update(8) ユーティリティはソースツリーをアップデートしますが、 リリースのパッケージ方法が変更された結果、 freebsd-update(8) ユーティリティは、古いリリースのソースツリーと新しいリリースのソースツリーが FreeBSD の同じ場所に対応することを認識できなくなりました)。

# freebsd-update install

ここでカーネル以外のコンポーネントをアップデートする前に、 システムを新しいカーネルで再起動してください。

# shutdown -r now

再起動後、もう一度 freebsd-update(8) を実行し、 新しいユーザランドのコンポーネントをインストールしてください。

# freebsd-update install

8.4-RELEASE 以前の FreeBSD からアップグレードを行なっている場合には、 freebsd-update(8) から、すべてのサードパーティ製のアプリケーション (たとえば ports ツリーからインストールされた ports) を再構築してください、と指示されます。 これは、ベースシステムのライブラリが更新されるためです。

サードパーティ製アプリケーションを更新 (強調しますが、これは freebsd-update(8) が更新してください、 と表示したときのみ必要です) したら、もう一度 freebsd-update(8) を実行します。 そうすることで、古い (もう使うことのない) ライブラリが削除されます。

# freebsd-update install

最後に再起動して 9.2-RELEASE を起動します。

# shutdown -r now

本文書、および他の文書は http://www.FreeBSD.org/releases/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、ドキュメント を読んだ上で<questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

FreeBSD 9.2-STABLE のすべてのユーザは、<stable@FreeBSD.org> メーリングリストを購読してください。

本文書に関する質問については、<doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語) で送ってください。