6.13. SDL の利用

USE_SDL 変数は、 devel/sdl12x11-toolkits/sdl_gui など、SDL ベースの ports への依存を自動設定するのに使われます。

今のところ、次の SDL ライブラリが認識されます。

したがって、ある port が net/sdl_netaudio/sdl_mixer に依存していたら、構文は次のようになります。

USE_SDL=	  net mixer

net/sdl_netaudio/sdl_mixer が必要とする devel/sdl12 の依存も自動的に追加されます。

USE_SDL を使うと、以下のことが自動的に行われます。

SDL ライブラリが利用できるかどうか調べるためには、 WANT_SDL 変数を使ってください。

WANT_SDL=yes

.include <bsd.port.pre.mk>

.if ${HAVE_SDL:Mmixer}!=""
USE_SDL+=   mixer
.endif

.include <bsd.port.post.mk>

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。