6.9. Java の利用

あなたが作成している port の構築、実行、 または配布ファイルの展開に Java™ 開発キット (JDK) が必要なら、USE_JAVA を定義してください。

Ports Collection には、さまざまなベンダの JDK のいろいろなバージョンがあります。 あなたが作成している port がその中のいずれかのバージョンを使わなければならないなら、 どれを使うか指定できます。最新のバージョンは、 java/jdk14 です。

表6.5 Java を利用する ports で定義すべき変数
変数意味
USE_JAVAこの後の変数を有効にするには、 この変数を定義しなければなりません。
JAVA_VERSIONスペースで区切られた、適合する Java のバージョン一覧。"+" を使ってバージョンの範囲を指定することもできます (使える値は、 1.1[+] 1.2[+] 1.3[+] 1.4[+]) です)。
JAVA_OSスペースで区切られた、その port に適合する JDK port の OS 一覧。(使える値は、 native linux) です。
JAVA_VENDORスペースで区切られた、その port に適合する JDK port のベンダの一覧。(使える値は、 freebsd bsdjava sun ibm blackdown) です。
JAVA_BUILDこの変数が設定されていると、選択した JDK を、その port の構築依存性に追加します。
JAVA_RUNこの変数が設定されていると、選択した JDK を、その port の実行依存性に追加します。
JAVA_EXTRACTこの変数が設定されていると、選択した JDK を、その port の展開依存性に追加します。
USE_JIKESその port の構築に jikes バイトコードコンパイラを使うべきかどうかを示します。 この変数に何の値も設定されていない時は、port は jikes が使えたら構築に利用します。 jikes の利用を明示的に禁止したり、 強制したりすることも可能です ('no''yes' を設定してください)。 後者の場合は、devel/jikes が port の構築依存性に追加されます。

以下は、USE_JAVA を設定した port で行われる設定の一覧です。

表6.6 Java を利用する ports で設定される変数
変数
JAVA_PORTJDK port の名称 (例: 'java/jdk14')。
JAVA_PORT_VERSIONJDK の完全なバージョン (例: '1.4.2')。最初の数字 2 つだけしか必要でなければ、 ${JAVA_PORT_VERSION:C/^([0-9])\.([0-9])(.*)$/\1.\2/} を使ってください。
JAVA_PORT_OSJDK port が利用する OS (例: 'linux')。
JAVA_PORT_VENDORJDK port のベンダ (例: 'sun')。
JAVA_PORT_OS_DESCRIPTIONJDK port が利用する OS の説明 (例: 'Linux')。
JAVA_PORT_VENDOR_DESCRIPTIONJDK port のベンダの説明 (例: 'FreeBSD Foundation')。
JAVA_HOMEJDK がインストールされているディレクトリのパス (例: '/usr/local/jdk1.3.1')。
JAVAC使用する Java コンパイラのパス (例: '/usr/local/jdk1.1.8/bin/javac' または '/usr/local/bin/jikes')。
JAR使用する jar ツールのパス (例: '/usr/local/jdk1.2.2/bin/jar' または '/usr/local/bin/fastjar')。
APPLETVIEWERappletviewer ユーティリティへのパス (例: '/usr/local/linux-jdk1.2.2/bin/appletviewer')。
JAVAjava 実行ファイルへのパス。 Java プログラムの実行にはこれを使ってください (例: '/usr/local/jdk1.3.1/bin/java')。
JAVADOCjavadoc ユーティリティプログラムへのパス。
JAVAHjavah プログラムへのパス。
JAVAPjavap プログラムへのパス。
JAVA_KEYTOOLkeytool ユーティリティプログラムへのパス。 この変数は、JDK が Java 1.2 以上の場合のみ利用可能です。
JAVA_N2Anative2ascii ツールへのパス。
JAVA_POLICYTOOLpolicytool プログラムへのパス。この変数は、JDK が Java 1.2 以上の場合のみ利用可能です。
JAVA_SERIALVERserialver ユーティリティプログラムへのパス。
RMICRMI スタブ/スケルトンジェネレータ rmic へのパス。
RMIREGISTRYRMI レジストリプログラム rmiregistry へのパス。
RMIDRMI デーモンプログラム rmid へのパス。この変数は、JDK が Java 1.2 以上の場合のみ利用可能です。
JAVA_CLASSESJDK クラスファイルが入っているアーカイブへのパス。 JDK 1.2 以降では、これは ${JAVA_HOME}/jre/lib/rt.jar です。 それより前の JDK は、 ${JAVA_HOME}/lib/classes.zip を使います。

Port のデバッグ情報を得るのに、 java-debug make ターゲットが使えます。 これは、前述の変数の多くについて値を表示します。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。