6.5. automake, autoconf および libtool の利用

表6.3 automake, autoconf または libtool を使用する ports 用の変数
変数意味
USE_AUTOMAKEその port は automake を使用します。 USE_AUTOCONFUSE_AUTOMAKE_VER?=14 が自動的に設定されます。
AUTOMAKEautomakePATH に含まれない場合のフルパス。
USE_AUTOMAKE_VERその port は automake を使用します。この変数の有効な値は 1415 で、AUTOMAKE_DIR および ACLOCAL_DIR 変数が適切な値に設定されます。
AUTOMAKE_ARGSUSE_AUTOMAKE_VER が設定されていた場合に AUTOMAKE に渡す 1 つまたはそれ以上のコマンドライン引数
AUTOMAKE_ENVAUTOMAKE を実行する前に設定する 1 つまたはそれ以上の環境変数 (とその値)
ACLOCALGNU aclocalPATH にない場合にパスを設定してください。デフォルトは USE_AUTOMAKE_VER 変数に応じて設定されます。
ACLOCAL_DIRGNU aclocal の共有ディレクトリのパスを設定してください。 デフォルトは USE_AUTOMAKE_VER 変数に応じて設定されます。
AUTOMAKE_DIRGNU automake の共有ディレクトリのパスを設定してください。 デフォルトは USE_AUTOMAKE_VER 変数に応じて設定されます。
USE_AUTOCONF_VERその port が autoconf を使用することを指定します。デフォルト値は 213 です。
USE_AUTOCONFその port が autoconf を使用することを指定します。GNU_CONFIGURE および USE_AUTOCONF_VER?=213 を自動的に設定します。
AUTOCONFGNU autoconfPATH にない場合にパスを設定してください。デフォルトは USE_AUTOCONF_VER 変数の値に応じて設定されます。
AUTOCONF_ARGSautoconf に渡すコマンドライン引数
AUTOCONF_ENVこの変数で指定された 変数=値 の組を autoconf を実行する前に環境変数として設定してください。
AUTOHEADERGNU autoheaderPATH にない場合にパスを設定してください。デフォルトは USE_AUTOCONF_VER の値に応じて設定されます。
AUTORECONFGNU autoreconfPATH にない場合にパスを設定してください。デフォルトは USE_AUTOCONF_VER に応じて設定されます。
AUTOSCANGNU autoscanPATH にない場合にパスを設定してください。デフォルトは USE_AUTOCONF_VER に応じて設定されます。
AUTOIFNAMESGNU autoifnamesPATH にない場合にパスを設定してください。デフォルトは USE_AUTOCONF_VER に応じて設定されます。
USE_LIBTOOLその port は libtool を使用します。GNU_CONFIGURE を自動的に設定します。
LIBTOOLlibtoolPATH にない場合にパスを設定してください。
LIBTOOLFILESlibtool 用のパッチファイル。 デフォルトは USE_AUTOCONF が設定されていれば aclocal.m4、 それ以外は configure です。
LIBTOOLFLAGSltconfig に追加で渡すフラグ。 デフォルトは --disable-ltlibs

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。