16.6. OS の種類やバージョンの識別

どのバージョンの Unix で動かすかによって、 変更や条件つきコンパイルが必要なコードに出くわすこともあるでしょう。 そのような変更を行なう場合には、 古い FreeBSD システムへのバックポートや、 CSRG の 4.4BSD, BSD/386, 386BSD, NetBSD, OpenBSD 等、 他の BSD システムへの移植が可能なように、 できるだけ汎用的な変更を行なうことを心がけてください。

4.3BSD/Reno (1990) と、それより新しいバージョンの BSD コードを区別するには、 <sys/param.h> で定義されている BSD マクロを利用するのがよいでしょう。 このファイルがすでにインクルードされていれば良いのですが、 そうでない場合には、その .c ファイルの 適当な場所に以下のコードを追加してください。

#if (defined(__unix__) || defined(unix)) && !defined(USG)
#include <sys/param.h>
#endif

これらの二つのシンボルが定義されているシステムには必ず sys/param.h があるはずです。 もしそうでないシステムを発見したら、 FreeBSD ports メーリングリスト までメールを送ってわたしたちに伝えてください。

あるいは、GNU Autoconf のスタイルを使用することもできます。

#ifdef HAVE_SYS_PARAM_H
#include <sys/param.h>
#endif

この方法を使用するときには、 Makefile 中の CFLAGS-DHAVE_SYS_PARAM_H を加えることを忘れないようにしてください。

いったん sys/param.h がインクルードされると、

#if (defined(BSD) && (BSD >= 199103))

このようにしてそのコードが 4.3 Net2 コードベース、 またはそれより新しいもの (例: FreeBSD 1.x, 4.3/Reno, NetBSD 0.9, 386BSD, BSD/386 1.1 とそれ以前) の上でコンパイルされているかを検出できます。

#if (defined(BSD) && (BSD >= 199306))

これは、4.4コードベース、またはそれより新しいもの (例: FreeBSD 2.x, 4.4, NetBSD 1.0, BSD/386 2.0 とそれ以後) の上でコンパイルされているかどうかを検出するために使用します。

4.4BSD-Lite2 コードベースでは BSD マクロの値は 199506 になっています。 これは参考程度の意味合いしかありません。 4.4-Lite ベースの FreeBSD と 4.4-Lite2 での変更がマージされたバージョンとを区別するのに使用するべきものではありません。 この目的のためにはかわりに __FreeBSD__ マクロを使用してください。

以下は控え目に使ってください。

これまで、何百もの port が作られてきましたが、 __FreeBSD__ が正しく使われたのは一つか二つの場合だけでしょう。 以前の port が間違ってふさわしくない場所で そのマクロを使っているからといって、 それをまねする理由はありません。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。