13.6. pkg-* ファイルの名前変更

pkg-* ファイルの名前はすべて変数を使用して定義されていますので、 必要であれば Makefile 中で変更可能です。 いくつかの ports で一つの pkg-* ファイルを共有する場合や、 上記のファイルに書き込みをしなければならないときなど特に便利です (pkg-* サブディレクトリに直接書き込むのが良くない理由については WRKDIR 以外への書きこみ を参照してください)。

以下に変数名と そのデフォルト値のリストを示します。 (PKGDIR のデフォルト値は ${MASTERDIR} になっています。)

変数名デフォルト値
DESCR${PKGDIR}/pkg-descr
PLIST${PKGDIR}/pkg-plist
PKGINSTALL${PKGDIR}/pkg-install
PKGDEINSTALL${PKGDIR}/pkg-deinstall
PKGREQ${PKGDIR}/pkg-req
PKGMESSAGE${PKGDIR}/pkg-message

PKG_ARGS を上書きせずにこれらの変数を変更するようにしてください。 PKG_ARGS を変更すると、これらのファイルは port から正しく /var/db/pkg にインストールされなくなります。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。