13.2. pkg-install

バイナリパッケージが pkg_add(1) でインストールされるときに実行する必要のあるコマンドがあれば、 pkg-install スクリプトを使って実行することができます。 このスクリプトは自動的に package に加えられ、 pkg_add(1) によって 2 回実行されます。 1 回目は ${SH} pkg-install ${PKGNAME} PRE-INSTALL として、2 回目には ${SH} pkg-install ${PKGNAME} POST-INSTALL として実行されます。 どちらのモードで実行されているかは $2 を調べることによってわかります。 環境変数 PKG_PREFIX には package がインストールされるディレクトリが設定されます。 詳細は pkg_add(1) を見てください。

注記:

port を make install でインストールするときにはこのスクリプトは自動的に実行されません。 もし実行される必要があるならば port の Makefile から明示的に呼ぶ必要があります。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。