5.5. MAINTAINER

あなたのメールアドレスをここに入れてください。 お願いします。 :-)

MAINTAINER の値は、コメント部のない単一のアドレスしか受け付けられません。 user@hostname.domain という形式を利用してください。この項目には、 あなたの本名などの説明用のテキストは一切いれないでください。 (そうしても、ただ bsd.port.mk が混乱するだけです)。そういう情報は pkg-descr に書いてください。

保守担当者 (maintainer) の責任に関する詳細説明は、 Makefile 中の MAINTAINER の セクションを参照してください。

Port のメンテナがユーザからの更新要求に (主な公休日を除いて) 2 週間返答しなかったら、 保守担当者の持ち時間が切れたとみなして、 保守担当者の明示的な了承なしに更新して構いません。 保守担当者が 3 ヶ月以内に返答しない場合は、 その保守担当者は無断で不在にしているとみなして、 問題となっている port の保守担当者を入れ替えても構いません。 例外となるは、ports 管理チーム または セキュリティオフィサチーム が保守しているものです。このグループが保守している port に対しては許可を得ずにコミットしてはいけません。

ports 管理チーム は、何か理由があれば、 誰かを保守担当から外したり、別の方を担当者にする権利を持ちます。 セキュリティオフィサチーム は、セキュリティ上の理由で、 保守担当者の権限を剥奪したり担当者を変更する権利を持ちます。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。