第18章 FreeBSD のアップデートとアップグレード

再構成、再編成および改訂: Mock Jim [FAMILY Given].
原作: Hubbard Jordan [FAMILY Given], Kamp Poul-Henning [FAMILY Given], Polstra John [FAMILY Given]Clayton Nik [FAMILY Given].
目次
18.1. この章では
18.2. FreeBSD Update
18.3. ドキュメントのアップデート
18.4. 開発ブランチを追いかける
18.5. ソースの同期
18.6. world の再構築
18.7. 複数のマシンで追いかける

18.1. この章では

あるリリースから次のリリースまでの期間にも、 FreeBSD の開発は休みなく続けられています。 最新の開発ツリーと同期することを好む人もいますし、 公式のリリース版を好んで使う方もいます。 しかしながら、公式のリリースといえども、 セキュリティや他の重要な修正のため、時にはアップデートを行う必要があります。 使用しているバージョンに関わらず、FreeBSD は、 手元のシステムを最新の開発ツリーと同期するために必要なツールをすべて用意しています。 そして、これらのツールは、FreeBSD のバージョンをアップグレードするために使えます。 この章では、開発ブランチを追いかける方法、および、FreeBSD システムをアップデートする基本的なツールについて解説しています。

この章を読んで分かるのは:

  • freebsd-update, Subversion もしくは CTM を使った FreeBSD システムの更新方法

  • インストールされているシステムと、変更が行われていない状態との比較方法。

  • Subversion またはドキュメント用の ports を使って、 インストールされているドキュメントを最新のものにアップデートする方法。

  • 2 つの開発ブランチ、FreeBSD-STABLE と FreeBSD-CURRENT の違い

  • ベースシステム全体を再構築しインストールする方法

この章を読む前に、以下の準備をしましょう。

注記:

この章を通じて、 FreeBSD のソースコードをダウンロードしたりアップデートするのに svn が用いられます。 このコマンドを使うためには、devel/subversion port または package をインストールしておく必要があります。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。