パート III. システム管理

FreeBSD ハンドブックの以下の章は、 FreeBSD のシステム管理の面について書かれています。 各章のはじめでは、その章で学ぶ内容や 実際に取り組む前に知っておくべきことについて説明します。

各章は、必要になった時に個別に参照できるように構成されています。 どの順番で読んでも構いませんし、FreeBSD を使うのに、 すべてを読み通す必要がある、というわけでもありません。

目次
12. 設定とチューニング
12.1. この章では
12.2. 初期設定
12.3. 中核となる設定
12.4. アプリケーションの設定
12.5. サービスの起動
12.6. バーチャルホスト
12.7. 設定ファイル
12.8. sysctl によるチューニング
12.9. ディスクのチューニング
12.10. Kernel 制限のチューニング
13. FreeBSD の起動のプロセス
13.1. この章では
13.2. 起動時の問題
13.3. ブートマネージャと起動ステージ
13.4. カーネル起動時の応答
13.5. Device Hints
13.6. init: プロセス制御の初期化
13.7. シャットダウン動作
14. ユーザと基本的なアカウントの管理
14.1. この章では
14.2. アカウントの種類
14.3. アカウント情報の管理
14.4. ユーザへの制限
14.5. グループの管理
15. セキュリティ
15.1. この章では
15.2. はじめに
15.3. FreeBSDの安全性を高める
15.4. DES, MD5 と Crypt
15.5. S/Key
15.6. Kerberos
15.7. ファイアウォール
15.8. OpenSSL
15.9. IPsec
15.10. OpenSSH
15.11. ファイルシステムアクセス制御リスト
16. ストレージ
16.1. この章では
16.2. デバイス名
16.3. ディスクの追加
16.4. RAID
16.5. 光メディア (CD & DVD) の作成と使用
16.6. フロッピーディスクの作成と使用
16.7. データテープの作成と使用
16.8. フロッピーディスクへのバックアップ
16.9. バックアップの基本
16.10. ネットワーク、メモリ、そしてファイルベースのファイルシステム
16.11. ファイルシステムのスナップショット
16.12. ファイルシステムクォータ
16.13. ディスクパーティションの暗号化
17. 地域化 (localization) - I18N/L10N の利用と設定
17.1. この章では
17.2. 基礎知識
17.3. 地域化の利用
17.4. 国際化に対応したプログラムのコンパイル
17.5. FreeBSD を特定の言語に地域化する
18. FreeBSD のアップデートとアップグレード
18.1. この章では
18.2. FreeBSD Update
18.3. ドキュメントのアップデート
18.4. 開発ブランチを追いかける
18.5. ソースの同期
18.6. world の再構築
18.7. 複数のマシンで追いかける

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。