10.6. 標準スプーラの代替品

このマニュアルを最初から通読されている方ならば、ここまでで、 FreeBSD 付属の LPD スプーリングシステムに関して知っておくべきことすべてを学ばれたことと思います。 多分、このシステムにあるたくさんの欠点について認識できたことでしょう。 そこから (FreeBSD 上で動作する) スプーリングシステムには他にどのようなものがあるのか という疑問が自然と湧いてきます。

LPRng

次世代 LPR を称するLPRng は、 PLP を完全に書き換えたものです。 Patrick Powell と Justin Mason (PLP の主要な管理者) が共同で LPRng を作成しました。 LPRng の本サイトは http://www.lprng.org/ です。

CUPS

CUPS (the Common UNIX Printing System) は、UNIX® ベースのオペレーティングシステムに対して、 移植性の高い印刷レイヤを提供します。 CUPS は Easy Software Products によって、すべての UNIX® ベンダとユーザに、 標準的な印刷ソリューションを普及するために開発されています。

CUPS は、プリントジョブとキューを管理する基盤として Internet Printing Protocol (IPP) を使っています。機能は限定されますが、 ラインプリンタデーモン (LPD)、 サーバーメッセージブロック (SMB) や AppSocket (JetDirect とも呼ばれています) プロトコルにも対応しています。 CUPS は、UNIX® に現実的なプリント機能を備えるため、 ネットワークプリンタの検索、 PostScript プリンタ記述言語 (PPD) に基づいた印刷オプションを追加します。

CUPS のメインサイトは http://www.cups.org/ です

HPLIP

HPLIP (the HP Linux® Imaging and Printing system) は、 HP アプライアンス用に HP が開発した、 プリンタ、スキャナ、ファックスへの対応のためのプログラム群です。 このプログラムでは、印刷機能において CUPS 印刷システムをバックエンドとして利用しています。

HPLIP のメインサイトは、 http://hplipopensource.com/hplip-web/index.html です。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。