10.2. はじめに

FreeBSD でプリンタを使うために、それらを LPD スプーリングシステム、 または単に LPD としても知られる Berkeley ラインプリンタスプーリングシステムで動作するように設定できます。 これは FreeBSD での標準的なプリンタ制御システムです。 この章では、LPD を紹介し、 その設定方法について説明します。

あなたがすでに LPD やその他のプリンタスプーリングシステムに詳しいのなら、 基本的な設定 まで読み飛ばしてもかまいません。

LPD はホストのプリンタに関するあらゆることを制御します。 ここで言う制御としては、次のことがあげられます。

設定ファイル (/etc/printcap) を通して、専用のフィルタプログラムを用いることにより、 多種多様なプリンタ機器に対して、上述の機能の全部または一部を LPD システムに行なわせることができます。

10.2.1. どうしてスプーラを使うべきなのか

あなたのシステムを利用するのがあなた一人だけだとしても、 スプーラは有用ですし、使用すべきです。その理由は以下のとおりです。

  • LPD はジョブをバックグラウンドで処理します。 データがプリンタに送信されるまで待つ必要がなくなります。

  • LPD ではジョブをフィルタを通してプリントすることが簡単にできます。 これにより、印刷物のヘッダに時刻や日付を入れたり、 特別なファイル形式 (TeX の DVI ファイルなど) をプリンタが処理できる形式に変更することができ、 これらの作業を手動で行なう必要がなくなります。

  • プリント処理を行なうフリー、 または商用のプログラムのほとんどは、 システムのスプーラとやりとりするように作られています。 スプーリングシステムをセットアップすることで、 今後加えるかもしれない、あるいは、 すでに持っている別のソフトウェアをより簡単にサポートすることができるでしょう。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。