20.4. PPP オーバイーサネット (PPPoE) の利用

原作: Jim Mock ( node.to より) 10 Jan 2000.

以下の解説は, PPPoE として知られる, PPP オーバイーサネットの設定法です.

20.4.1. 必要なもの

あなたのシステムで PPPoE を適切に機能させるためには, 以下のものが必要です.

  • FreeBSD 3.4やそれより新しいバージョンのカーネルソース

  • FreeBSD 3.4やそれより新しいバージョンのppp

20.4.2. カーネルコンフィギュレーション

以下に示すオプションをカーネルコンフィギュレーションファイルに 追加して, その後 新しいカーネルを コンパイルする必要があります.

  • options NETGRAPH

以下は任意

  • options NETGRAPH_PPPOE

  • options NETGRAPH_SOCKET

この機能は実行時には有効ではありませんが, 要求に応じて ppp は関係のあるモジュールを 読み込みます.

20.4.3. ppp.conf の設定

これは動作している ppp.conf の 例です:

default: # or name_of_service_provider
  set device PPPoE:xl1 # replace xl1 with your ethernet device
  set mru 1492
  set mtu 1492
  set authname YOURLOGINNAME
  set authkey YOURPASSWORD
  set log Phase tun command # you can add more detailed logging if you wish
  set dial
  set login
  set ifaddr 10.0.0.1/0 10.0.0.2/0
  add default HISADDR
  nat enable yes # if you want to enable nat for your local net

papchap:
  set authname YOURLOGINNAME
  set authkey YOURPASSWORD

-natオプションを付けてPPPoE を起動する際には注意するべきです.

20.4.4. PPP の起動

以下を root 権限において実行することで, 起動させることができます:

# ppp -ddial name_of_service_provider

20.4.5. システム起動時に PPP を立ち上げる

/etc/rc.conf ファイルに以下の行を追加 してください:

ppp_enable="YES"
ppp_mode="ddial"
ppp_nat="YES"
ppp_profile="default" # or your provider

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。