5.5. Ports Collection の利用

Ports Collection とは、/usr/ports 以下に置かれる Makefile, 修正パッチ、 説明文などの一連のファイルのことです。このファイルのセットは、 アプリケーションをコンパイルして FreeBSD にインストールするのに用いられます。 port を用いてアプリケーションをコンパイルできるようにするには、 まず最初に Ports Collection をインストールする必要があります。 FreeBSD のインストール時に Ports Collection をインストールしなかった場合に、 以下の方法のどれかを用いてインストールしてください。

手順5.1 Portsnap を利用する方法

FreeBSD のベースシステムには、Portsnap が含まれています。 これはは Ports Collection を取得するための速くて使いやすく、 多くのユーザに推奨されるツールです。 このユーティリティは、FreeBSD のサイトに接続し、セキュリティキーを検証し、 Ports Collection の最新版をダウンロードします。 セキュリティキーは、 ダウンロードしたすべてのファイルの検証に用いられます。

  1. 圧縮された Ports Collection のスナップショットを /var/db/portsnap にダウンロードするには以下を実行してください。

    # portsnap fetch
  2. 初めて Portsnap を使う時は、 スナップショットをまず /usr/ports に展開してください。

    # portsnap extract
  3. 上で示した Portsnap を初めて利用する際に行うコマンドを実行した後は、 以下のコマンドで /usr/ports をアップデートしてください。

    # portsnap fetch
    # portsnap update

    fetch を使う場合には、以下のよう extract または update を連続して行うことができます。

    # portsnap fetch update
手順5.2 Subversion を用いる方法

ports ツリーの管理が必要な場合や、 ローカルで変更点をメンテナンスする必要がある場合には、 Subversion を使って Ports Collection を取得する方法があります。 Subversion のより詳細な説明については、 Subversion Primer を参照してください。

  1. Subversion を使って ports ツリーをチェックアウトする前に、 Subversion をインストールしておく必要があります。 ports ツリーがすでにインストールされていれば、 以下のようにして Subversion をインストールできます。

    # cd /usr/ports/devel/subversion
    # make install clean

    ports ツリーが利用できない場合や、 package の管理に pkgng を使っているのであれば、package から Subversion をインストールできます。

    # pkg install subversion
  2. ports ツリーをチェックアウトしてください。 パフォーマンスを良くするため、 svn0.us-east.FreeBSD.orgSubversion ミラー の中から地理的に近い場所にあるミラーに置き換えてください。

    # svn checkout https://svn0.us-east.FreeBSD.org/ports/head /usr/ports
  3. Subversion で最初のチェックアウトを行ったら、必要に応じて /usr/ports をアップデートしてください。

    # svn update /usr/ports

Ports Collection はソフトウェアのカテゴリを表すディレクトリを持ち、 各カテゴリには、各アプリケーションのサブディレクトリがあります。 ports スケルトンとも呼ばれる各サブディレクトリには、 プログラムを FreeBSD 上で正しくコンパイルしてインストールする方法を提供するファイルのセットが含まれています。 それぞれの port スケルトンには、 次のファイルおよびディレクトリが含まれています。

これらの他に pkg-message や特殊な状況に対応するためのファイルを含む ports もあります。 これらのファイルについての詳細および ports の一般的な説明については、 port 作成者のためのハンドブック をご覧下さい。

port は実際のソースコード (distfile とも呼ばれます) を含んではいません。 port の構築の展開部で、ダウンロードされたソースは自動的に /usr/ports/distfiles に保存されます。

5.5.1. ports のインストール

この節では、Ports Collection を利用してプログラムをインストールしたり、 システムから削除したりする基本的な手順について説明します。 利用可能な make のターゲットや環境変数についての詳細は ports(7) をご覧ください。

警告:

いかなる port でも、構築する前には、 前節に書かれているように、Ports Collection をアップデートしてください。 サードパーティ製のソフトウェアをインストールすると、 セキュリティの脆弱性を引き起こす可能性があります。 その port に関連したセキュリティ上の問題がないことを、まずは http://vuxml.freebsd.org/ で確認してください。または、ports-mgmt/portaudit をインストールしているのであれば、 新しい port をインストールする前に、 portaudit -F -a を実行してください。 毎日のシステムのセキュリティ確認時に、 自動的にセキュリティの検査およびデータベースの更新を行うようにこのコマンドを設定できます。 詳しくは、portaudit および periodic(8) のマニュアルページを参照してください。

Ports Collection は、ネットワークに接続できることを想定しています。 また、superuser の権限も必要となります。

freebsdmaill.com の FreeBSD Toolkit のようなサードパーティ製の DVD-ROM 製品の中には distfiles を収録しているものがあります。 これらを使うとインターネットへの接続がなくても ports をインストールするのに使うことができます。 DVD を /cdrom にマウントしてください。 ほかのマウントポイントを使用したければ、 CD_MOUNTPTS 変数を設定してください。 ディスク上に必要な distfiles が存在すると、 自動的に利用されます。port には DVD への収録を許可しないライセンス条項を持つものがあります。 これにはダウンロード前に登録を必要としたり、 再配布が禁止されているという理由があります。 DVD に含まれていない port をインストールしたい場合には、 ネットワークに接続する必要があります。

port をコンパイルしてインストールするには、 インストールしたい port のディレクトリに移動してください。 その後、プロンプトから make install と入力してください。 すると、次のような出力が現われるはずです。

# cd /usr/ports/sysutils/lsof
# make install
>> lsof_4.88D.freebsd.tar.gz doesn't seem to exist in /usr/ports/distfiles/.
>> Attempting to fetch from ftp://lsof.itap.purdue.edu/pub/tools/unix/lsof/.
===>  Extracting for lsof-4.88
...
[extraction output snipped]
...
>> Checksum OK for lsof_4.88D.freebsd.tar.gz.
===>  Patching for lsof-4.88.d,8
===>  Applying FreeBSD patches for lsof-4.88.d,8
===>  Configuring for lsof-4.88.d,8
...
[configure output snipped]
...
===>  Building for lsof-4.88.d,8
...
[compilation output snipped]
...
===>  Installing for lsof-4.88.d,8

===>  Installing for lsof-4.88.d,8
...
[installation output snipped]
...
===>   Generating temporary packing list
===>   Compressing manual pages for lsof-4.88.d,8
===>   Registering installation for lsof-4.88.d,8
===>  SECURITY NOTE:
      This port has installed the following binaries which execute with
      increased privileges.
/usr/local/sbin/lsof
#

lsof は高い権限で動作するプログラムなので、 インストールする時にセキュリティに関する警告が表示されます。 インストールが終わったら、プロンプトが戻ります。

シェルによってはコマンドの実行ファイルを探す時間を短縮するために、 環境変数 PATH に登録されている ディレクトリのコマンド一覧をキャッシュするものがあります。 tcsh シェルを使っているのであれば、 フルパスを指定することなく新しくインストールしたコマンドを利用できるように、 rehash を実行してください。 sh シェルを使っているのであれば かわりに hash -r を実行してください。 詳細については、 あなたの使っているシェルのドキュメントをご覧ください。

インストールの間に、作業用ディレクトリが作成されます。 このディレクトリにはコンパイル時に使用されるすべての一時ファイルが含まれています。 このディレクトリを削除することで、ディスク容量を節約でき、また port を新しいバージョンへアップデートする際に問題が起こる可能性を小さくします。

# make clean
===>  Cleaning for lsof-88.d,8
#

注記:

port を構築する際に、 make install clean と実行することで、 これらの余分な手順を省くことができます。

5.5.1.1. ports のインストールのカスタマイズ

ports の中にはビルドオプションを指定できるものがあります。 このオプションを指定することで、 アプリケーションの機能の一部を有効もしくは無効にできます。 また、セキュリティオプションを設定したり、 その他のカスタマイズを行うことができます。 このようなアプリケーションには www/firefox, security/gpgmemail/sylpheed-claws などがあります。 port が他のカスタマイズ可能なオプションを持つ ports に依存する場合には、デフォルトでは、ユーザに port のオプションをメニューから選択させる設定のため、 何度もユーザとの対話が起こり待たされることがあります。 これを避けるには、まず最初に port スケルトンで make config-recursive を実行して設定を一括で行い、その後 make install [clean] を実行して port を構築してインストールしてください。

ヒント:

config-recursive を実行する際、 all-depends-list を実行すると、設定すべき ports の一覧を得ることができます。 多くの場合は、すべての依存 ports のオプションが定義され、 ports オプションの画面が表示されなくなり、 すべてのオプションが設定されたことを確認できるまで make config-recursive を実行すると良いでしょう。

port の構築後、 再びこのメニューを表示させてオプションの追加や削除、 設定の変更を行う方法はたくさんあります。 一つ目は port のディレクトリに cd で移動し、 make config と入力する方法です。 別の方法は make showconfig を使う方法です。 他の方法は make rmconfig の実行です。 このコマンドを実行すると選択されているすべてのオプションが削除され、 設定をもう一度やり直すことができます。 これらの方法や他の方法についての詳細は、 ports(7) マニュアルで説明されています。

ports は、いくつかの環境変数を参照する fetch(1) を用いてソースファイルをダウンロードします。 FreeBSD システムがファイアウォールの内側であったり、 FTP/HTTP プロキシを使う場合には、 FTP_PASSIVE_MODE, FTP_PROXY, FTP_PASSWORD の環境変数を設定することなります。 対応している環境変数の一覧については fetch(3) をご覧ください。

インターネットに常時接続できないユーザのために make fetch コマンドが用意されています。 このコマンドを /usr/ports で実行してすべての distfiles をダウンロードするか、 /usr/ports/net といったカテゴリや、あるスケルトンにおいても実行できます。 ある port がライブラリやその他の ports に依存している場合には、 別のカテゴリの ports の distfiles はダウンロードされないことに注意してください。 port が依存しているすべての distfiles をダウンロードしたければ、 make fetch-recursive を使ってください。

めったにないことかもしれませんが、 ローカルに distfiles のリポジトリがあるような場合に、 MASTER_SITES 変数を変更することで Makefile で指定されているダウンロードの場所を 変更することができます。 設定する場合には、変更先を以下のようにして指定してください。

# cd /usr/ports/directory
# make MASTER_SITE_OVERRIDE= \
ftp://ftp.organization.org/pub/FreeBSD/ports/distfiles/ fetch

WRKDIRPREFIX 変数と PREFIX 変数を変更することで、 作業ディレクトリやターゲットディレクトリをデフォルトのものから変更できます。

# make WRKDIRPREFIX=/usr/home/example/ports install

とすると、ports は /usr/home/example/ports でコンパイルされ、すべて /usr/local 以下にインストールされます。

# make PREFIX=/usr/home/example/local install

この場合、port のコンパイルは /usr/ports でおこない、/usr/home/example/local にインストールします。そして

# make WRKDIRPREFIX=../ports PREFIX=../local install

とすれば両者を組み合わせることが可能です。

これらを環境変数に設定する方法もあります。 どのように環境変数を設定するかについては、 あなたの使っているシェルのマニュアルページを参照してください。

5.5.2. インストールした ports の削除

インストールされた ports は、 pkg delete コマンドで削除できます。 このコマンドの使用例は、pkgng によるバイナリ package の管理」 にあります。

あるいは、port のディレクトリにて make deinstall を実行することでも削除できます。

# cd /usr/ports/sysutils/lsof
make deinstall
===>  Deinstalling for sysutils/lsof
===>   Deinstalling
Deinstallation has been requested for the following 1 packages:

	lsof-4.88.d,8

The deinstallation will free 229 kB
[1/1] Deleting lsof-4.88.d,8... done

port が削除されるときに表示されるメッセージを読むことをお勧めします。 もし削除した port に依存するアプリケーションがあった場合には、 その情報が表示されますが、port の削除は行われます。 そのようなケースでは、依存を直すためにアプリケーションを再インストールするとよいでしょう。

5.5.3. ports のアップグレード

ports のインストール後、時間が経過すると、Ports Collection で新しいバージョンのソフトウェアを利用できるようになります。 この章では、 どのようにしてアップグレードする必要のあるソフトウェアを判断するか、 そしてアップグレードの方法について説明します。

インストールされている ports の新しいバージョンを利用できるかどうかを知るには、まず、 最新の ports ツリーがインストールされていることを確認してください。 これには、手順の 5.1 もしくは 5.2 で書かれているアップデートのコマンドを使ってください。 その後、以下のコマンドを実行すると、現在利用可能なバージョンよりも古い ports の一覧が表示されます。

# pkg_version -l "<"

重要:

アップグレードする前に /usr/ports/UPDATING を、ファイルの頭から、ports を最後にアップデートした日、 もしくはシステムをインストールをした日に最も近い日まで目を通してください このファイルには port をアップグレードする際にユーザが遭遇するであろう問題や、 追加で必要な作業などが記述されています。 例えば、ファイル形式の変更や設定ファイルの場所の変更、 前のバージョンと互換性がなくなったことなどが書かれています。 アップグレードする必要のある ports に関連した手順に注意し、 アップグレードする際にはこれらの手順に従ってください。

実際にアップグレードを行うには、 Portmaster もしくは Portupgrade を使ってください。

5.5.3.1. portmaster を用いた ports のアップグレード

ports-mgmt/portmaster package または port は、 FreeBSD と共にインストールされているツールだけを使うので、 インストールされている ports のアップグレードに推奨されているツールです。 portmaster は、 他の ports に依存せずに、base システムのツールのみを使うように設計されています。 このアプリケーションは、 どの ports をアップグレードすべきかの判断を、 /var/db/pkg/ の情報を使って行います。port からこのユーティリティをインストールするには以下のようにしてください。

# cd /usr/ports/ports-mgmt/portmaster
# make install clean

Portmaster は、 ports を 4 つのカテゴリに分類します。

  • Root ports: 他の port に依存せず、 他の port からも依存されない ports。

  • Trunk ports: 他の port には依存しないが、 他の port から依存されている ports。

  • Branch ports: 他の port に依存し、 他の port からも依存されている ports。

  • Leaf ports: 他の port に依存するが、 他の port からは依存されない ports。

これらのカテゴリの一覧や、アップデート可能な port の一覧を表示するには以下のようにしてください。

# portmaster -L
===>>> Root ports (No dependencies, not depended on)
===>>> ispell-3.2.06_18
===>>> screen-4.0.3
        ===>>> New version available: screen-4.0.3_1
===>>> tcpflow-0.21_1
===>>> 7 root ports
...
===>>> Branch ports (Have dependencies, are depended on)
===>>> apache22-2.2.3
        ===>>> New version available: apache22-2.2.8
...
===>>> Leaf ports (Have dependencies, not depended on)
===>>> automake-1.9.6_2
===>>> bash-3.1.17
        ===>>> New version available: bash-3.2.33
...
===>>> 32 leaf ports

===>>> 137 total installed ports
        ===>>> 83 have new versions available

以下のコマンドを使うと、 古くなった ports をすべてアップデートします。

# portmaster -a

注記:

Portmaster のデフォルトの設定では、 インストールされている port を削除する前にバックアップ用の package が作成されます。 このバックアップは、 新しいバージョンのインストールに成功すると削除されます。 -b を使うと、 Portmaster の自動的なバックアップの削除は行いません。 -i を追加すると、 Portmaster をインタラクティブモードで使用できます。 このモードでは、各 port をアップグレードするかどうかの選択を対話的に行うことがでます。 多くのオプションが利用可能です。portmaster(8) のマニュアルページから、 それらの使用方法に関する詳細な説明を読んでください。

アップグレードの過程でエラーに遭遇した場合には、 -f を使ってすべての ports のアップグレードや再構築を行なってください。

# portmaster -af

Portmaster を使ってシステムに新しい ports をインストールしたり、 新しい port のコンパイルやインストール前に依存するすべての port をアップグレードできます。この機能を使う時には、 Ports Collection の場所を指定してください。

# portmaster shells/bash

5.5.3.2. Portupgrade を用いた ports のアップグレード

Portupgrade は、 インストールした ports のアップグレードを行なうためのもう一つのユーティリティです。 ports-mgmt/portupgrade package または port から利用できます。 このユーティリティは ports を管理するために用いられるアプリケーションをインストールします。 Ruby に依存します。 port をインストールするには、以下を実行してください。

# cd /usr/ports/ports-mgmt/portupgrade
# make install clean

このユーティリティを使ってアップグレードを行う前に、 pkgdb -F を使って、 インストールされている ports の一覧を調べてください。 矛盾が検出された場合には修復してください。

システムにインストールされている port の中で古くなったものをすべてアップデートするには portupgrade -a を実行してください。 もし、すべての ports に対して個別にアップグレードするかどうかを確認したいのであれば、 -i を追加してください。

# portupgrade -ai

ports で利用可能なすべてのアプリケーションではなく、 ある特定のアプリケーションだけを更新したいのであれば、 portupgrade pkgname を実行してください。 アップグレードするアプリケーションが依存しているすべての ports をまず先に更新したい場合には、 -R を使ってください。

# portupgrade -R firefox

-P オプションを使うと、 portupgradePKG_PATH に登録されているローカルディレクトリから、 利用可能な package を探します。 ローカルに利用可能な packages が見つからなければ、 リモートサイトから package のダウンロードを試みます。 packages をローカルに見つけることができず、 リモートサイトからもダウンロードできない場合には、 portupgrade は ports からインストールを行ないます。 ports を使用したくなければ、-PP オプションを指定してください。 この最後のオプションを設定すると、 もし package が利用できなければ Portupgrade は終了します。

# portupgrade -PP gnome2

また、ビルドやインストールを行なわず、 distfiles または packages だけをダウンロードしたければ、 -F オプションを指定してください。 利用可能なすべてのオプションについては、 portupgrade(1) のマニュアルを参照してください。

5.5.4. ports とディスク容量

Ports Collection を使い続けていると、 そのうちディスクを食いつぶしてしまうでしょう。 ports をビルドしてインストールした後、 ports スケルトンで make clean を実行すると、作業用の work ディレクトリを削除します。 Portmaster を使って port をインストールする場合には、-K を使わなければこのディレクトリは自動的に削除されます。 Portupgrade がインストールされている場合には、 以下のコマンドはローカルの Ports Collection に見つかったすべての work ディレクトリを削除します。

# portsclean -C

さらに、時間が経つにつれ /usr/ports/distfiles には、古くなったソースファイルがたまっていきます。 Portupgrade がインストールされている場合には、 次のコマンドで、どの ports からも使われていない distfiles を削除できます。

# portsclean -D

Portupgrade を使って、システムにインストールされている port から使われていない distfiles をすべて削除するには、以下のコマンドを使ってください。

# portsclean -DD

もし Portmaster がインストールされているのであれば、以下を実行してください。

# portmaster --clean-distfiles

デフォルトでは、このコマンドはインタラクティブに設定されているため、 ユーザに対して distfile を削除すべきかどうかを確認するプロンプトが表示されます。

これらのコマンドに加え、ports-mgmt/pkg_cutleaves package または port は、 必要なくなった ports を削除する作業を自動化します。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。