8.6. MythTV

MythTV は、広く使われているオープンソースの Personal Video Recorder (PVR) アプリケーションです。 この節では、FreeBSD に MythTV をインストールし、 設定する方法について説明します。 MythTV の使用法に関するより詳細な情報については、mythtv.org/wiki をご覧ください。

MythTV は、フロントエンドおよびバックエンドを必要とします。 これらは、同じシステム上でも、 異なるコンピュータ上でも動かすことが可能です。

フロントエンドについては、 multimedia/mythtv-frontend package または port から FreeBSD にインストールできます。 6章X Window System で説明されているように、 Xorg をインストールして設定する必要もあります。 このシステムは X-Video Motion Compensation (XvMC) に対応し、 オプションとして、Linux Infrared Remote Control (LIRC)-互換のリモートに対応したビデオカードを持っていることが理想的です。

FreeBSD にバックエンドとフロントエンドの両方をインストールするには、 multimedia/mythtv package または port を使ってください。 MySQL™ データベースサーバも必要となりますが、 自動的に依存でインストールされます。オプションで、 チューナカードと録音したデータを保存するためのストレージが必要です。

8.6.1. ハードウェア

MythTV は、 エンコーダやチューナなどのビデオ入力デバイスへのアクセスに Video for Linux (V4L) を用います。 FreeBSD では、USB DVB-S/C/T カードにおいて最もよく動作します。 なぜならば、このカードは、 V4L ユーザランドアプリケーションを提供する multimedia/webcamd package または port により良くサポートされているためです。 webcamd により対応している Digital Video Broadcasting (DVB) カードは、MythTV で動作するはずです。 動作することが知られているカードの一覧が wiki.freebsd.org/WebcamCompat にあります。 Hauppauge カードのドライバもまた、 multimedia/pvr250 および multimedia/pvrxxx port として利用可能ですが、 標準的ではないドライバのインタフェースを提供しており、 0.23 より後の MythTV では動作しません。 ライセンスの制限により、package は利用できません。 そのため、これらの ports はコンパイルをしなければなりません。

wiki.freebsd.org/HTPC ページは、DVB ドライバのすべての一覧を提供しています。

8.6.2. MythTV バックエンドの設定

port を使って MythTV をインストールしてください。

# cd /usr/ports/multimedia/mythtv
# make install

インストールが終わったら、 MythTV データベースを設定してください。

# mysql -uroot -p < /usr/local/share/mythtv/database/mc.sql

その後、バックエンドを設定してください。

# mythtv-setup

最後にバックエンドを起動してください。

# echo 'mythbackend_enable="YES"' >> /etc/rc.conf
# service mythbackend start

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。