17.4. 国際化に対応したプログラムのコンパイル

FreeBSD ports の多くはすでに国際化されています。 いくつかには port の名前に -I18N と付いています。 これらはもちろんのこと、他のプログラムも国際化への対応を組み込んだものがあり、 コンパイルに際して特別な注意を払う必要はありません。

しかし、MySQL のようなアプリケーションでは、 特定の文字セットを使うように Makefile を設定する必要があります。 これは大抵 Makefile の中で 対処されているか、ソース中の configure に値を渡すことで対応しています。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。