13.5. Device Hints

寄稿: Rhodes Tom [FAMILY Given].

注記:

これは FreeBSD 5.0 以降の機能です。 これ以前のバージョンには存在しません。

起動プロセスの間に loader(8)device.hints(5) を読み込みます。 このファイルにはカーネル起動の環境変数が格納されており、 これらの環境変数は device hints と呼ばれることがあります。device hints はデバイスを設定するためにデバイスドライバが使用します。

device hints は ステージ 3 ブートローダ でも設定できます。変数は set コマンドを用いて追加したり、 unset コマンドを用いて削除できます。 show コマンドを用いて一覧を見ることもできます。 /boot/device.hints に設定されている変数は このときに上書きすることができます。 ローダで設定した device hints の効果は一時的なものであるため、 次回起動するときには無効になります。

システムが起動すると、kenv(1) コマンドでカーネル環境変数をダンプすることができます。

/boot/device.hints は 1 行につき一つの変数を設定でき、行頭の # はその行がコメントであることを示しています。 書式は次の通りです。

hint.driver.unit.keyword="value"

ステージ 3 ブートローダ で設定するときの書式は次の通りです。

set hint.driver.unit.keyword=value

driver はデバイスドライバの名前、 unit はデバイスドライバのユニット番号、 keyword はヒントキーワードです。 キーワードは次の設定を指定します:

デバイスドライバはこのリスト以外の変数を設定できるかもしれませんし、 このリスト以外の変数を必要とするかもしれません。 したがって、デバイスドライバのマニュアルを読むことをおすすめします。 より多くの情報を知りたければ、device.hints(5), kenv(1), loader.conf(5), loader(8) などのマニュアルを参照してください。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。