12.6. バーチャルホスト

FreeBSD の非常にありふれた用途の一つにバーチャルサイトの ホスティングがあります。 これは一つのサーバがネットワークには複数のサーバとして現れるものです。 これは一つのネットワークインタフェイスに 複数のアドレスを割当てることで実現されます。

ネットワークインタフェイスは 真の アドレスを 一つと 別名 のアドレスを複数持ちます。これらの別 名は通常 /etc/rc.conf に別名のエントリを置くことで追加されます。

fxp0 インタフェイスへの別名のエント リは以下の様なものです。

ifconfig_fxp0_alias0="inet xxx.xxx.xxx.xxx netmask xxx.xxx.xxx.xxx"

別名のエントリは alias0 から始まり昇順に命名されなければなり ません (たとえば、_alias1, _alias2 の様になります)。設定プロセス は最初に欠けた番号のところで停まります。

別名のネットマスクの計算は重要ですが、幸いなことに非常に簡単です。 個々のインタフェイスについてそのネットワークのネットマスクを正しく 表現しているアドレスが必ず一つ必要です。 そのネットワークに所属しているそれ以外のアドレスのネットマスクは すべて 1 でなければなりません。

例として、fxp0 インタフェイスが二つ のネットワークに接続されているものを考えてみましょう。 一つはネットマスクが 255.255.255.0 である 10.1.1.0 ネットワークで、もう一つはネットマスクが 255.255.255.240 である 202.0.75.16 ネットワークです。 システムは 10.1.1.0 には 10.1.1.1 として、 202.0.75.20 には 202.0.75.17 として現れるようにします。

以下のエントリはネットワークインタフェイスを上述の環境に正しく 設定するものです。

 ifconfig_fxp0="inet 10.1.1.1 netmask 255.255.255.0"
 ifconfig_fxp0_alias0="inet 10.1.1.2 netmask 255.255.255.255"
 ifconfig_fxp0_alias1="inet 10.1.1.3 netmask 255.255.255.255"
 ifconfig_fxp0_alias2="inet 10.1.1.4 netmask 255.255.255.255"
 ifconfig_fxp0_alias3="inet 10.1.1.5 netmask 255.255.255.255"
 ifconfig_fxp0_alias4="inet 202.0.75.17 netmask 255.255.255.240"
 ifconfig_fxp0_alias5="inet 202.0.75.18 netmask 255.255.255.255"
 ifconfig_fxp0_alias6="inet 202.0.75.19 netmask 255.255.255.255"
 ifconfig_fxp0_alias7="inet 202.0.75.20 netmask 255.255.255.255"

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。