2.2. 最小ハードウェア要件

FreeBSD をインストールするシステムのハードウェア要件は、 FreeBSD のバージョンやハードウェアのアーキテクチャによって異なります。 FreeBSD の各リリースが対応しているハードウェアアーキテクチャやデバイスの一覧は、 ハードウェアノートとして提供されています。 このドキュメントは、通常リリースメディアのルートディレクトリに、 HARDWARE.TXT という名前で置かれています。 この対応ハードウェアの一覧は、 FreeBSD ウェブサイトのリリース情報のページ (http://www.FreeBSD.org/ja/releases/index.html) においても見ることができます。

FreeBSD の最小のインストールにおいては、 少なくとも 64 MB の RAM、 および 1.1 MB のハードディスクの空き容量が必要です。 アプリケーションや保存するデータ量に見合うように、 より多くの RAM、 そしてより多くの容量のハードディスクを用意してください。 各アーキテクチャごとに必要とされるプロセッサの要件は以下の通りです。

amd64

amd64 を実行可能なプロセッサには 2 つのクラスがあります。 1 つ目のクラスは、AMD Athlon™64 および AMD Opteron™ を含む AMD64 プロセッサです。

もう 1 つのクラスは、 Intel® EM64T アーキテクチャを採用しているプロセッサです。 これらのプロセッサの例は、 Sossaman を除くマルチコアのすべての Intel® Xeon™、 シングルコアの Intel® Xeon™ プロセッサ Nocona, Irwindale, Potomac, および Cranford, Intel® Core™ 2 (Core Duo を除く) 以降のプロセッサ、すべての Intel® Pentium® D プロセッサ、 Cedar Mill core を用いている Intel® Pentium® 4s および Celeron Ds, Prescott core を用いた Intel® Pentium® 4s および Celeron Ds です。

ユニプロセッサ (UP) および対称マルチプロセッサ (SMP) の両方の設定に対応しています。

i386

浮動小数点演算ユニットを持つ i386 互換のほとんどのプロセッサに対応しています。 486 以上のすべての Intel® プロセッサに対応しています。

FreeBSD は、Physical Address Extensions (PAE) に対応した CPU でこの機能を利用可能です。 PAE 機能を有効にしたカーネルでは、 4 ギガバイト以上のメモリを認識し、システムが利用できます。 この機能は、FreeBSD のデバイスドライバや他の機能に制限を課してしまいます。 詳細については、pae(4) を参照してください。

ia64

現在 Itanium® および Itanium® 2 プロセッサに対応しています。 対応しているチップセットは、HP zx1, Intel® 460GX および Intel® E8870 です。 どちらのプロセッサもユニプロセッサ (UP) および対称マルチプロセッサ (SMP) の設定に対応しています。

pc98

i386 互換のプロセッサである 80486, Pentium®, Pentium® Pro および Pentium® II を搭載しているほとんどすべての NEC PC-9801/9821 シリーズに対応しています。 AMD, Cyrix, IBM によるすべての i386 互換のプロセッサ、 および IDT に対応しています。 NEC PC-9801 シリーズ互換の EPSON PC-386/486/586 シリーズにも対応しています。 NEC FC-9801/9821 および NEC SV-98 シリーズに対応しています。

ハイレゾリューションモードには対応していません。 NEC PC-98XA/XL/RL/XL^2 および NEC PC-H98 シリーズには、 ノーマル (PC-9801 互換) モードにのみ対応しています。 SMP に関連した FreeBSD の機能には対応していません。 PC-H98, SV-H98 および FC-H98 シリーズで使われている New Extend Standard Architecture (NESA) バスには対応していません。

powerpc

USB 内蔵のすべての New World ROM Apple® Macintosh® システムに対応しています。 複数の CPI を持つコンピュータは SMP に対応しています。

32-bit カーネルは、RAM の最初の 2 GB だけを利用できます。

sparc64

FreeBSD/sparc64 が対応しているハードウェアの一覧については、 FreeBSD/sparc64 プロジェクト (http://www.freebsd.org/platforms/sparc.html) をご覧ください。

複数のプロセッサを搭載するすべてのシステムにおいて、 SMP に対応しています。現時点では、 他のオペレーティングシステムとディスクの共有ができないので、 FreeBSD/sparc64 専用のディスクが必要です。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。