前書き

想定している読者

最初の部分は FreeBSD を使い始めた人向けで、FreeBSD のインストールの過程を手引きし、UNIX® の基礎となっている概念や慣習を丁寧に紹介します。 この部分に取り組むために必要なのは、探究心と、 紹介された新たな概念を理解する能力だけです。

その次の、ハンドブックのはるかに大きな部分では、FreeBSD システム管理者が興味を抱くあらゆる種類の話題が分かりやすく言及されています。 一部の章は、その章の前に読んでおくべきことが推奨されており、 各章の始めの概要で述べられています。

さらなる情報源の一覧は、付録B 参考図書 をご覧ください。

第 3 版からの変更

オンライン版のハンドブックは、FreeBSD ドキュメンテーションプロジェクトの献身的なメンバーによる 10 年以上に渡る作業の頂点に立つものです。 2004 年に出版された 2 巻組の第 3 版からの主な変更は、次のようなものです。

第 2 版 (2004) からの変更

第 3 版は、FreeBSD ドキュメンテーションプロジェクトの献身的なメンバーによる 2 年以上に渡る作業の頂点に立つものです。 サイズが大きくなったため、印刷版は、2 巻での出版となりました。 この新たな版における主な変更は、次のようなものです。

第 1 版 (2001) からの変更

第 2 版は、FreeBSD ドキュメンテーションプロジェクトの献身的なメンバーによる 2 年以上に渡る作業の頂点に立つものでした。 この新たな版における主な変更は、次のようなものでした。

この文書の構成

この文書は 5 部構成になっています。 第 1 部導入では、 FreeBSD のインストールと基本的な使い方を扱います。 各章は順に読むことを想定していますが、 馴染み深い話題を扱った章は飛ばしてもよいでしょう。 第 2 部日々の生活では、 FreeBSD で良く使われる機能について説明します。 この章とそれに続く章は、順不同に読むことができます。 各章の始めにはその章が何を扱っていて、 読者にどんな予備知識が期待されるかを簡潔に述べた概要がおかれています。 第 3 部システム管理は、 システム管理に関する話題を扱っています。 第 4 部ネットワーク通信では、 ネットワークおよびサーバに関する話題を扱っています。 第 5 部は参考情報からなる付録です。

1章はじめに, はじめに

新規ユーザに FreeBSD を紹介します。ここでは、FreeBSD プロジェクトの歴史、目標と開発モデルについて述べています。

3章FreeBSD 8.X のインストール, インストール

インストール過程を一通りユーザに案内しています。 また、シリアルコンソール経由でのインストールのような高度な話題もいくらか扱っています。

4章UNIX の基礎知識, UNIX® の基礎知識

FreeBSD オペレーティングシステムの基本的なコマンドや機能を扱っています。 Linux® やその他の UNIX® 風のものに馴染んでいたら、 この章を飛ばしても構わないでしょう。

5章アプリケーションのインストール - packages と ports, アプリケーションのインストール

FreeBSD の革新的な Ports Collection および標準的なバイナリパッケージによるサードパーティアプリケーションのインストールについて説明しています。

6章X Window System, X Window System

X Window System 全般と、特に FreeBSD 上での X11 の利用について述べています。 また、KDEGNOME のような一般的なデスクトップ環境にも触れています。

7章デスクトップアプリケーション, デスクトップアプリケーション

Web ブラウザや生産性向上ツールのような一般的なデスクトップアプリケーションをいくつか挙げ、 FreeBSD におけるインストール方法を説明しています。

8章マルチメディア, マルチメディア

システムを音声やビデオ再生に対応させるためにどう設定するかを説明します。 また、音声やビデオアプリケーションも例示しています。

9章FreeBSD カーネルのコンフィグレーション, FreeBSD カーネルのコンフィグレーション

どのような場合に新たにカーネルを構成する必要があるかを説明し、 カスタムカーネルのコンフィグレーション、構築、 インストールについて詳しく説明しています。

10章プリンタの利用, プリンタの利用

FreeBSD におけるプリンタの取り扱いを説明しています。たとえば、 バナーページ、プリンターの課金、初期設定といったことです。

11章Linux バイナリ互換機能, Linux® バイナリ互換機能

FreeBSD の Linux® バイナリ互換機能を説明しています。また、 Oracle®, SAP® R/3®, Mathematica® といった人気の高い Linux® アプリケーションのインストールを詳しく説明しています。

12章設定とチューニング, 設定とチューニング

システム管理者が FreeBSD システムを調整して最適な性能を引き出すのに利用できるパラメータについて述べています。 また、FreeBSD で利用されている様な設定ファイルとそのありかも解説しています。

13章FreeBSD の起動のプロセス, 起動プロセス

FreeBSD の起動プロセスを解説し、 このプロセスを設定オプションで制御する方法を説明しています。

14章ユーザと基本的なアカウントの管理, ユーザと基本的なアカウン トの管理

ユーザアカウントの生成、操作について述べています。また、 ユーザーに課すことができる資源の制限やその他のアカウント管理作業について議論しています。

15章セキュリティ, セキュリティ

FreeBSD システムを安全に保つために役立つ Kerberos, IPsec および OpenSSH といった利用可能なさまざまなツールについて説明しています。

16章ストレージ, ストレージ

FreeBSD でストレージメディアやファイルシステムをどう扱うかを説明しています。 対象は、物理ディスク、RAID アレイ、 光学およびテープメディア、メモリベースのディスク、 ネットワークファイルシステムなどです。

17章地域化 (localization) - I18N/L10N の利用と設定, 地域化

FreeBSD を英語以外の言語で使う方法を説明しています。 システムとアプリケーション両方のレベルの地域化を扱っています。

18章FreeBSD のアップデートとアップグレード, 開発の最前線

FreeBSD-STABLE, FreeBSD-CURRENT と FreeBSD のリリースの違いを説明します。 どんなユーザにとって開発システムを追随するのが有用かを述べ、 その方法の概要をまとめています。

19章シリアル通信, シリアル通信

FreeBSD システムに端末やモデムを、 ダイヤルインまたはダイヤルアウト用に接続する方法を説明しています。

20章PPP と SLIP, PPP と SLIP

FreeBSD で、PPP, SLIP や PPP over Ethernet を使ってリモートシステムに接続する方法を説明しています。

21章電子メール, 電子メール

電子メールサーバの構成要素をそれぞれ説明し、 最もよく使われているメールサーバソフトウェアである sendmail について、 単純な設定をとりあげています。

22章高度なネットワーク, 高度なネットワーク

LAN 上の他のコンピュータとインターネット接続の共有、 高度なルーティングに関するトピックス、ワイヤレスネットワーク、 Bluetooth®, ATM, IPv6 等々、 ネットワークに関するさまざまな話題を取り扱っています。

付録A FreeBSD の入手方法, FreeBSD の入手方法

FreeBSD を収録した CDROM や DVD の様々な入手先や、FreeBSD をダウンロードしてインストールできるインターネット上のサイトを挙げています。

付録B 参考図書, 参考図書

この文書は、 もっと詳しい説明が欲しくなるかもしれないさまざまな題目について触れています。 参考図書には、このハンドブックで参照している、 多くの素晴らしい本が挙げられています。

付録C インターネット上のリソース, インターネット上のリソース

FreeBSD ユーザが FreeBSD について質問したり、 技術的な議論に参加できる、 多くの公開された場について説明しています。

付録D PGP 公開鍵, PGP 公開鍵

多くの FreeBSD 開発者の PGP fingerprint を載せています。

この文書で用いられている表記法

一貫して読みやすい文章を提供するために、 この文書全体では以下の表記法が用いられています。

書体による表記

イタリック体

イタリック体 のフォントは、ファイル名、URL, 強調表現、技術用語の最初の使用を表すのに使われています。

等幅

等幅フォントは、エラーメッセージ、 コマンド、環境変数、ports の名称、ホスト名、ユーザ名、 グループ名、デバイスの名称、変数、 コードの断片を表すのに使われています。

太字

太字のフォントは、 アプリケーション、コマンド、キーを表すのに使われています。

ユーザー入力

文章の他の部分と区別するため、 キーは太字で示されています。 同時に押すことを意図したキーの組み合わせは、キーの間に `+' を入れて表されます。たとえば

Ctrl+Alt+Del

は、ユーザーが Ctrl, Alt それから Del キーを同時に押すことを意図しています。

順に押すことを意図したキーは、カンマで区切って表されます。 たとえば

Ctrl+X, Ctrl+S

は、ユーザーが Ctrl キーと X キーを同時に押してから、 Ctrl キーと S キーを同時に押すことを意図しています。

E:\> で始まる例は、MS-DOS® コマンドを表しています。特に注釈がなければ、それらのコマンドは最近の Microsoft® Windows® の コマンドプロンプト 環境でも実行できます。

E:\> tools\fdimage floppies\kern.flp A:

# で始まる例は、FreeBSD 上でスーパーユーザ権限で実行しなければならないコマンドを示しています。 そのコマンドを入力するには、 root としてログインするか、 通常のアカウントでログインして、スーパーユーザ権限を取得するために su(1) を使います。

# dd if=kern.flp of=/dev/fd0

% で始まる例は、 通常のユーザアカウントで実行するべきコマンドを示しています。 特に断りのない限り、環境変数の設定やその他のシェルコマンドには C シェルの文法が使われています。

% top

謝辞

あなたが手にしている文書は、 世界中の何百人もの人々の努力の賜物です。 誤字脱字の修正を送ったのか、文章を丸々投稿したのかによらず、 すべての貢献が役に立ちました。

多くの会社が、 著者らを雇用してフルタイムでこの文書に取り掛かれるようにしたり、 出版費用を出したりして、この文書を作り上げるのを援助してくれました。 特に、BSDi (その後 Wind River Systems に買収されました) は、フルタイムでこの文書の改善作業をするように FreeBSD ドキュメンテーションプロジェクトのメンバーを雇用し、それが 2000 年 3 月の最初の出版 (ISBN 1-57176-241-8) につながりました。 その後、Wind River Systems は、印刷出力の仕組みを整備し、 章を追加するために著者を何名か追加で雇用してくれました。この作業は、 2001 年 11 月の第 2 版の出版 (ISBN 1-57176-303-1) に結実しました。 2003-2004 年には、ハンドブック第 3 版の出版準備のために FreeBSD Mall, Inc が貢献者を雇用してくれました。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。