第22章 高度なネットワーク

目次
22.1. この章では
22.2. ゲートウェイと経路
22.3. 無線ネットワーク
22.4. Bluetooth
22.5. ブリッジ
22.6. NFS
22.7. ディスクレス稼働
22.8. ISDN
22.9. NIS/YP
22.10. DHCP
22.11. DNS
22.12. NTP
22.13. ネットワークアドレス変換 (NAT)
22.14. inetd スーパサーバ
22.15. パラレルライン IP (PLIP)
22.16. IPv6

22.1. この章では

この章では UNIX® システム上で良く利用されるネットワークサービスについて説明します。 FreeBSD が利用するすべてのネットワークサービスをどのように定義し、 設定し、テストし、そして保守するのかを扱います。さらに、 本章を通してあなたの役に立つ設定例が載っています。

この章を読めば以下のことが分かります。

  • ゲートウェイと経路の基本

  • FreeBSD をブリッジとして動作させる方法

  • ネットワークファイルシステム (NFS) の設定方法

  • ディスクレスマシンのネットワークブートの設定方法

  • ユーザアカウントを共有するためのネットワークインフォメーションサーバ (NIS) の設定方法

  • DHCP を用いて自動的にネットワーク設定を行う方法

  • ドメインネームサーバ (DNS) の設定方法

  • NTP プロトコルを用いて日時を同期してタイムサーバを設定する方法

  • ネットワークアドレス変換 (NAT) の設定方法

  • inetd デーモンの管理方法

  • PLIP 経由で二台のコンピュータを接続する方法

  • FreeBSD で IPv6 を設定する方法

この章を読む前に、以下のことを行っておくべきです。

  • /etc/rc スクリプトの基本を理解していること

  • 基礎的なネットワーク用語に精通していること

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。