第2章 ハードウェアコンパチビリティ

訳: にしか 、 1997 年 11 月 12 日

2.1. FreeBSD は、 どんなハードディスクドライブをサポートしているのですか?
2.2. どの SCSI コントローラをサポートしているのですか?
2.3. どんな CD-ROM ドライブをサポートしているのですか?
2.4. FreeBSD は、どの CD-RW ドライブに対応していますか?
2.5. ZIP ドライブをサポートしていますか?
2.6. では、JAZ や EZ、 それからその他のリムーバブルドライブはサポートしていますか?
2.7. どのマルチポートシリアルカードをサポートしていますか?
2.8. USB キーボードを持っているのですが、FreeBSD で使えますか?
2.9. 珍しいバスマウスを持っているのですが、どのように設定すればいいのですか?
2.10. PS/2 マウス (「マウスポートマウス」、「キーボードマウス」) を 使うにはどのように設定すればいいのですか?
2.11. X Window System 以外の環境でマウスを使うことは可能ですか?
2.12. マウスを使って、 テキストコンソールでカットアンドペーストするにはどうしたらよいのですか?
2.13. USB マウスを持っているのですが、FreeBSD で使えますか?
2.14. わたしのマウスにはホイール機能や便利なボタンがついているのですが、 これは FreeBSD でも使えるのですか?
2.15. わたしのマウスはきちんと動いてくれないようです。 マウスカーソルが画面中をとびまわります。 このマウスにはホイールがついていて、 接続は PS/2 ポートです。
2.16. ラップトップ PC のマウス/トラックボール/タッチパッドは使えますか?
2.17. どんなテープドライブをサポートしていますか?
2.18. どんなテープチェンジャーをサポートしていますか?
2.19. どんなサウンドカードをサポートしていますか?
2.20. pcm ドライバで es1370 から音が出ないのはどうにかなりませんか?
2.21. どんなネットワークカードをサポートしていますか?
2.22. 数値演算コプロセッサを持っていませんが、何かまずいでしょうか?
2.23. FreeBSD がサポートするデバイスは他にもあるんでしょうか?
2.24. パワーマネージメント機能付きのラップトップ PC を持っているのですが…。
2.25. Micron システムが起動時に固まってしまいます。
2.26. 新しい Adaptec コントローラを持っているのですが、 FreeBSD が検出できないようです。
2.27. 内蔵の Plug & Play モデムを持っているのですが、FreeBSD が検出できないようです。
2.28. シリアルコンソールで boot: プロンプトを表示するにはどうすればいい?
2.29. なぜ Micron コンピュータで 3Com PCI ネットワークカードが動かないのでしょう?
2.30. 対称型マルチプロセシング (SMP) をサポートしていますか?
2.31. ASUS K7V マザーボードのシステムでブートフロッピーを使うと、 システムがハングアップします。 対応策はありませんか?

2.1.

FreeBSD は、 どんなハードディスクドライブをサポートしているのですか?

FreeBSD は、EIDE と SCSI ハードディスクドライブをサポートしています (互換コントローラも含みます。 次の節参照)。 また独自の Western Digital インタフェースを使用しているすべてのドライブ (MFM、 RLL、ESDI、もちろん IDE) もサポートしています。 独自仕様のインタフェースを使用する ESDI コントローラでは動作しないものがあり、 WD1002/3/6/7 とその互換インタフェースと衝突します。

2.2.

どの SCSI コントローラをサポートしているのですか?

FreeBSD ハンドブックに記されている完全なリストを参照してください。

2.3.

どんな CD-ROM ドライブをサポートしているのですか?

サポートされている SCSI コントローラに接続できる SCSI ドライブは、すべてサポートされています。

また、以下の専用 CD-ROM インタフェースもサポートしています。

  • ミツミ LU002 (8bit)、LU005 (16bit) および FX001D (16bit 2倍速)。

  • ソニー CDU 31/33A

  • Sound Blaster 非 SCSI タイプの CD-ROM

  • 松下/Panasonic CD-ROM

  • ATAPI 互換の IDE CD-ROM

SCSI でないカードはすべて、SCSI ドライブよりも極めて動作速度が 遅いことが知られており、ATAPI CD-ROM には動作しないものもあるようです。

BSDi の FreeBSD 2.2 CD-ROM からは CD からの直接起動が サポートされています。

2.4.

FreeBSD は、どの CD-RW ドライブに対応していますか?

FreeBSD は ATAPI 互換の IDE CD-R または CD-RW ドライブで あれば対応しています。FreeBSD バージョン 4.0 以降については、 burncd(8) のマニュアルをご覧ください。それ以前の バージョンの FreeBSD では、 /usr/share/examples/atapi にある例を ご覧ください。

また、FreeBSD は SCSI の CD-R または CD-RW ドライブにも 対応しています。ports または packages から cdrecord コマンドをインストールして、 カーネルに pass デバイスが組み込まれて いることを確認してください。

2.5.

ZIP ドライブをサポートしていますか?

もちろん、 FreeBSD は SCSI ZIP ドライブ (外付け) をサポートしています。 ZIP ドライブは SCSI ID を 5 か 6 に設定した状態でなら使用できますが、 もし SCSI ホストアダプタの BIOS がサポートしてさえいれば ZIP ドライブから起動させることもできます。 どのホストアダプタが SCSI ID を 0 や 1 以外に設定したデバイスから 起動できるのかはわかりません。そうしたい場合は、アダプタの ドキュメントを参照しなければなりません。

ATAPI (IDE) ZIP ドライブは、FreeBSD 2.2.6 以降のバージョンでサポートされています。

バージョン 3.0 以降の FreeBSD では、 パラレルポート接続の ZIP ドライブをサポートしています。 最近のバージョンの FreeBSD をお使いでしたら、 カーネルコンフィグレーションファイルに scbus0da0ppbus0vp0 の各ドライバが記述されていることを確認してください。 (GENERIC カーネルには vp0 を除くすべてのドライバが含まれています)。 これらすべてのドライバがあれば、 パラレルポートのドライブは /dev/da0s4 となります。 ディスクは mount /dev/da0s4 /mnt とするか mount_msdos /dev/da0s4 /mnt (DOS ディスクの場合) とすることでマウントできます。

それからリムーバブルドライブに関する注意および、 「フォーマット」に関する注意についても 確認しておいてください。

2.6.

では、JAZ や EZ、 それからその他のリムーバブルドライブはサポートしていますか?

FreeBSD では、IDE バージョンの EZ ドライブを除くすべての SCSI デバイスは、 SCSI のディスクと同等に扱われます。 また IDE EZ は IDE ドライブと同等となります。

システム稼働中のメディア交換について FreeBSD がどれほどうまく動くか定かではありません。 もちろんメディアを入れ替える前にそのドライブのマウントを解除しなければいけないでしょうし、 FreeBSD がそれらを認識するには、 起動時に外部ユニットにも電源が投入されていることを確認しなければいけないでしょう。

「フォーマット」に関する注意も参照のこと。

2.7.

どのマルチポートシリアルカードをサポートしていますか?

一覧は その他のデバイスの節にあります。

無名のカードにもうまく動くものがあり、 特に AST 互換といわれているものに多く見られます。

カード設定の詳細な情報は、sio(4) のマニュアルページを参照してください。

2.8.

USB キーボードを持っているのですが、FreeBSD で使えますか?

USB デバイスは FreeBSD 3.1 からサポートされましたが、 実装は FreeBSD 3.2 であってもまだ完全ではないため、 必ずしも安定して動作するとは限りません。 もし、それでも USB キーボードを使ってみたいという人は、 以下の手順を試してみてください。

  1. FreeBSD 3.2 か、それ以降を使います。

  2. カーネルコンフィグレーションファイルに以下の行を追加し、 カーネルを再構築します。

    device  uhci
    device  ohci
    device  usb
    device  ukbd
    options KBD_INSTALL_CDEV

    FreeBSD 4.0 より前のバージョンでは、 代わりに次のようにします。

    controller      uhci0
    controller      ohci0
    controller      usb0
    controller      ukbd0
    options         KBD_INSTALL_CDEV
  3. /dev ディレクトリに移動し、 次のようにしてデバイスノードを作成します。

    # cd /dev
    # ./MAKEDEV kbd0 kbd1
  4. /etc/rc.conf を編集し、 以下の行を追加します。

    usbd_enable="YES"
    usbd_flags=""

システムを再起動させた後、 AT、USB 両方のキーボードが接続されていれば、 AT キーボードは /dev/kbd0 に、 USB キーボードは /dev/kbd1になります。 一方、USB キーボードだけが接続されているなら、 /dev/ukbd0 となります。

USB キーボードをコンソールで利用するには、 それをコンソールドライバに対して明示的に指定する必要があります。 システムの初期化の際に、次に示すようなコマンドを実行してください。

# kbdcontrol -k /dev/kbd1 < /dev/ttyv0 > /dev/null

ただし、USB キーボードしか接続されていない場合、それは /dev/kbd0 としてアクセスされますので、 コマンドは次のようにしなければなりません。ご注意ください。

# kbdcontrol -k /dev/kbd0 < /dev/ttyv0 > /dev/null

上のコマンドは、/etc/rc.i386 に追加すると良いでしょう。

この設定を一度行なっていれば、 X 環境でも特に他の設定なしに USB キーボードが利用できます。

USB キーボードの活線挿抜 (ホットプラグ機能) は、 まだおそらくきちんと動作しないと思われます。 トラブルを避けるためにも、キーボードはシステムを起動させる前に接続しておき、 シャットダウンするまではずさないようにした方が良いでしょう。

詳細については、ukbd(4) のマニュアルページを参照してください。

2.9.

珍しいバスマウスを持っているのですが、どのように設定すればいいのですか?

FreeBSD は Microsoft、Logitech、 ATI 等のメーカーから出ているバスマウスと InPort バスマウスをサポートしています。FreeBSD 2.X の場合、 バスマウスのデバイスドライバは GENERIC カーネルに標準で含まれますが、 FreeBSD 3.X 以降では標準で含まれていません。もしバスマウスのデバイス ドライバを含むカーネルを自分で構築する場合には、 カーネルコンフィグレーションファイルに以下の行が含まれていることを確認してください。

それは FreeBSD 3.0 を含む、それ以前のリリースの場合は次のとおり、

device mse0 at isa? port 0x23c tty irq5 vector mseintr

FreeBSD 3.X では、次のとおりです。

device mse0 at isa? port 0x23c tty irq5

そして FreeBSD 4.X とそれ以降では、次のようになります。

device mse0 at isa? port 0x23c irq5

通常バスマウスには専用のインタフェースカードが附属しています。 インタフェースカードによってはポートアドレスや割り込み番号を上記の 設定以外に変更できるかもしれません。詳しくはバスマウスのマニュアルと mse(4) のマニュアルページを参照してください。

2.10.

PS/2 マウス (「マウスポートマウス」、「キーボードマウス」) を 使うにはどのように設定すればいいのですか?

あなたが 2.2.5 以降のバージョン FreeBSD を使っているのなら、 必要なドライバ psm はカーネルに含まれていて有効になっています。 カーネルは起動時に PS/2 マウスを検出するでしょう。

あなたの使っている FreeBSD が比較的新しいけれど前のバージョン (2.1.x 以降) のものなら、 インストールの時に、単にカーネルのコンフィグレーションのメニュー上で PS/2 マウスを有効化するだけです、あるいは後で boot: プロンプト上で -c を指定することでもメニューは現れます。 デフォルトでは無効に設定されていますので、 明示的に有効化してあげないといけません。

あなたの使っている FreeBSD が比較的古いものなら、 カーネルコンフィグレーションファイルに以下の行を加えて カーネルを再コンパイルする必要があります。

それは FreeBSD 3.0 を含む、それ以前のリリースでは次のとおり、

device psm0 at isa? port "IO_KBD" conflicts tty irq 12 vector psmintr

FreeBSD 3.1 を含む、それ以降のリリースでは次のとおり、

device psm0 at isa? tty irq 12

FreeBSD 4.0 とそれ以降のリリースでは次のとおりです。

device psm0 at atkbdc? irq 12

カーネルの再構築についてよく知らないのであれば、 カーネルのコンフィグレーションを参照してください。

起動時にカーネルが psm0 を検出したら、 psm0 のエントリが /dev の中にあることを確認してください。それには、以下のようにします。

# cd /dev; sh MAKEDEV psm0

これは root でログインしているときに行なってください。

2.11.

X Window System 以外の環境でマウスを使うことは可能ですか?

もしデフォルトのコンソールドライバである syscons を使っているのであれば、 テキストコンソール上でマウスを使って、 テキストのカットアンドペーストができます。 マウスデーモンである moused を起動し、 仮想コンソールでマウスポインタを有効にしてください。

# moused -p /dev/xxxx -t yyyy
# vidcontrol -m on

ここで xxxx はマウスのデバイス名、 yyyy はマウスのプロトコルタイプです。 サポートされているプロトコルタイプについては moused(8) のマニュアルページを参照してください。

システムを起動する時に自動的に moused を起動したい場合には、次のようにします。 FreeBSD 2.2.1 では以下の変数を /etc/sysconfig で設定してください。

mousedtype="yyyy"
mousedport="xxxx"
mousedflags=""

FreeBSD 2.2.2 以降のバージョンでは /etc/rc.conf で以下のように設定します。

moused_type="yyyy"
moused_port="xxxx"
moused_flags=""

FreeBSD 3.1 とそれ以降で PS/2 マウスを利用する場合は、 moused_enable="YES"/etc/rc.conf に書き加えるだけです。

また、起動時にすべての仮想端末で、 標準のコンソールに加えマウスデーモンも使えるようにしたい、 という場合には、以下の行を /etc/rc.conf に加えます。

allscreens_flags="-m on"

FreeBSD 2.2.6 以降の場合で 比較的新しいシリアルマウスを使っているならば、 マウスデーモンはマウスのプロトコルタイプを自動判別できます。 自動判別を試みるには、プロトコルタイプとして auto を指定します。

マウスデーモンを実行中は、マウスデーモンと他のプログラム (たとえば X Window System) の間でマウスへのアクセスを調整しなければなりません。 この問題については X とマウスをご覧ください。

2.12.

マウスを使って、 テキストコンソールでカットアンドペーストするにはどうしたらよいのですか?

マウスデーモンを起動 (前の質問に対する答えを参照してください) したあと、 ボタン 1 (左ボタン) を押しながらマウスを動かして範囲を指定します。 ボタン 2 (中ボタン) またはボタン 3 (右ボタン) をクリックするとテキスト カーソルの位置に選択した範囲のテキストがペーストされます。

FreeBSD 2.2.6 以降では、ボタン 2 をクリックするとペーストされ、ボタン 3 をクリックした場合に既存の選択範囲が現在のマウスポインタの位置まで 「延長または短縮」されます。もしマウスに中ボタンがないなら、 moused のオプションを使って中ボタンのエミュレーションをするか、 他のボタンを中ボタンとして使う事ができます。 詳しくは moused(8) のマニュアルページを参照してください。

2.13.

USB マウスを持っているのですが、FreeBSD で使えますか?

USB デバイスは FreeBSD 3.1 からサポートされましたが、 実装は FreeBSD 3.2 であってもまだ完全ではないため、 必ずしも安定して動作するとは限りません。 もし、それでも USB マウスを使ってみたいという人は、 以下の手順を試してみてください。

  1. FreeBSD 3.2 か、それ以降を使います。

  2. カーネルコンフィグレーションファイルに以下の行を追加し、 カーネルを再構築します。

    device  uhci
    device  ohci
    device  usb
    device  ums

    FreeBSD 4.0 より前のバージョンでは、 代わりに次のようにします。

    controller      uhci0
    controller      ohci0
    controller      usb0
    device          ums0
  3. /dev ディレクトリに移動し、 次のようにしてデバイスノードを作成します。

    # cd /dev
    # ./MAKEDEV ums0
  4. /etc/rc.conf を編集し、 以下の行を追加します。

    moused_enable="YES"
    moused_type="auto"
    moused_port="/dev/ums0"
    moused_flags=""
    usbd_enable="YES"
    usbd_flags=""

    moused の設定の詳細については、 前項も参照してください。

  5. X のセッションで USB マウスを使うには、 XF86Config を編集する必要があります。 XFree86 3.3.2、もしくはそれ以降を利用している場合は、 Pointer セクションが次のようになっていることを確認してください。

    Device          "/dev/sysmouse"
    Protocol        "Auto"

    それより前のバージョンの XFree86 を利用している場合は、 Pointer セクションが次のようになっていることを確認してください。

    Device          "/dev/sysmouse"
    Protocol        "SysMouse"

X 環境でのマウスの利用については、 他の項も参照してください。

USB マウスの活線挿抜 (ホットプラグ機能) は、 まだおそらくきちんと動作しないと思われます。 トラブルを避けるためにも、マウスはシステムを起動させる前に接続しておき、 シャットダウンするまではずさないようにした方が良いでしょう。

2.14.

わたしのマウスにはホイール機能や便利なボタンがついているのですが、 これは FreeBSD でも使えるのですか?

答えは残念ながら「場合によります」です。 こうしたマウスの付加的な機能は大抵の場合、特殊なドライバを必要とします。 マウスのデバイスドライバやユーザのプログラムが そのマウスに対する固有のサポートをしていない場合には、 標準的な 2 ボタン/3 ボタンマウスのように振舞います。

X ウィンドウシステムの環境でのホイールの使い方については、 X とホイールの項をご覧ください。

2.15.

わたしのマウスはきちんと動いてくれないようです。 マウスカーソルが画面中をとびまわります。 このマウスにはホイールがついていて、 接続は PS/2 ポートです。

FreeBSD 3.2 およびそれ以前の PS/2 マウスドライバ psm には、 Logitech モデル M-S48 とその OEM のホイールマウスで不具合が発生します。 以下のパッチを /sys/i386/isa/psm.c に適用して、カーネルを再構築してください。

Index: psm.c
===================================================================
RCS file: /src/CVS/src/sys/i386/isa/Attic/psm.c,v
retrieving revision 1.60.2.1
retrieving revision 1.60.2.2
diff -u -r1.60.2.1 -r1.60.2.2
--- psm.c	1999/06/03 12:41:13	1.60.2.1
+++ psm.c	1999/07/12 13:40:52	1.60.2.2
@@ -959,14 +959,28 @@
     sc->mode.packetsize = vendortype[i].packetsize;

     /* set mouse parameters */
+#if 0
+    /*
+     * A version of Logitech FirstMouse+ won't report wheel movement,
+     * if SET_DEFAULTS is sent...  Don't use this command.
+     * This fix was found by Takashi Nishida.
+     */
     i = send_aux_command(sc->kbdc, PSMC_SET_DEFAULTS);
     if (verbose >= 2)
 	printf("psm%d: SET_DEFAULTS return code:%04x\n", unit, i);
+#endif
     if (sc->config & PSM_CONFIG_RESOLUTION) {
         sc->mode.resolution
 	    = set_mouse_resolution(sc->kbdc,
-	        (sc->config & PSM_CONFIG_RESOLUTION) - 1);
+				   (sc->config & PSM_CONFIG_RESOLUTION) - 1);
+    } else if (sc->mode.resolution >= 0) {
+	sc->mode.resolution
+	    = set_mouse_resolution(sc->kbdc, sc->dflt_mode.resolution);
+    }
+    if (sc->mode.rate > 0) {
+	sc->mode.rate = set_mouse_sampling_rate(sc->kbdc, sc->dflt_mode.rate);
     }
+    set_mouse_scaling(sc->kbdc, 1);

     /* request a data packet and extract sync. bits */
     if (get_mouse_status(sc->kbdc, stat, 1, 3) < 3) {

FreeBSD 3.2 より新しいリリースではきちんと動作するはずです。

2.16.

ラップトップ PC のマウス/トラックボール/タッチパッドは使えますか?

前の質問に対する答えと、 モバイルコンピューティングのページをご覧ください。

2.17.

どんなテープドライブをサポートしていますか?

FreeBSD は SCSI と QIC-36 (QIC-02 インタフェース付き) をサポートしています。 これらには 8-mm (Exabyte と呼ばれています) や DAT ドライブも含まれています。

初期の 8-mm ドライブの中には SCSI-2 とまったく互換性を持たないものがあります。 これらは FreeBSD 上では動作しません。

2.18.

どんなテープチェンジャーをサポートしていますか?

FreeBSD 2.2 は ch(4) デバイスと chio(1) コマンドを使用した SCSI チェンジャーをサポートしています。 実際のチェンジャーの制御方法の詳細は、chio(1) のマニュアルページを参照してください。

使用している製品が AMANDA のようにチェンジャーに対応済みのものでない場合は、 次のことについて留意してください。 それらの製品は任意のポイント間のテープの移動を制御するだけなので、 テープがどのスロットに入っているか、現在ドライブにあるテープが どのスロットに戻るべきかを把握しておく必要があります。

2.19.

どんなサウンドカードをサポートしていますか?

FreeBSD は SoundBlaster、SoundBlaster Pro、SoundBlaster 16、 Pro Audio Spectrum 16、AdLib それから Gravis UltraSound サウンドカードを サポートしています。MPU-401 やその互換カードも機能に制限はあるものの サポートされています。マイクロソフトサウンドシステムのスペックに準拠 したカードも、pcm ドライバでサポートされています。

注記:

これらはサウンドについてのみの話です! これらのドライバは CD-ROM、SCSI、カード上にあるジョイスティックをサポートしていません (SoundBlaster は例外です)。SoundBlaster SCSI インタフェースと非 SCSI CD-ROM はサポートしていますが、そのデバイスからは起動できません。

2.20.

pcm ドライバで es1370 から音が出ないのはどうにかなりませんか?

マシンを起動するごとに以下のコマンドを実行してください。

# mixer pcm 100 vol 100 cd 100

2.21.

どんなネットワークカードをサポートしていますか?

より完全な一覧についてはイーサネットカードの節を参照してください。

2.22.

数値演算コプロセッサを持っていませんが、何かまずいでしょうか?

注記:

これらは 386/486SX/486SLC を持っている場合に影響します - ほかのマシンでは CPU に内蔵されています。

一般にこれらは問題とはなりません。 しかし、数値演算エミュレーションコードのパフォーマンスか、 正確さのいずれかを選択する状況があります (詳しくは FP エミュレーション についての節をご覧ください)。 とくに、X 上で弧を描く際にとても遅くなることでしょう。 数値演算コプロセッサを購入されることを強くおすすめします。 とても役立つことでしょう。

注記:

他の数値演算コプロセッサよりも優れたコプロセッサもあります。 これは言いにくいことなのですが、Intel を買うために躍起になる人もいないでしょう。 それが FreeBSD 上で動くという確信がないのなら、クローンにご用心を。

2.23.

FreeBSD がサポートするデバイスは他にもあるんでしょうか?

FreeBSD ハンドブックに記されている、 サポートされている他のデバイスの一覧を参照してください。

2.24.

パワーマネージメント機能付きのラップトップ PC を持っているのですが…。

FreeBSD は一部のマシンの APM をサポートしています。 LINT カーネルコンフィグファイル の APM の部分をご覧ください。 さらに詳しいことは apm(4) に載っています。

2.25.

Micron システムが起動時に固まってしまいます。

特定の Micron 製のマザーボードの中には、PCI BIOS が規格通りに 実装されていないために FreeBSD の起動に失敗するものがあります。 その BIOS は、PCI デバイスをあるアドレスで設定したと報告するにも 関わらず、実際にはそうしていないのです。

この問題を回避するには、BIOS の Plug and Play Operating System を無効に設定してください。また、より詳しい情報は http://cesdis.gsfc.nasa.gov/linux/drivers/vortex.html#micron を参照してください。

2.26.

新しい Adaptec コントローラを持っているのですが、 FreeBSD が検出できないようです。

新しい AIC789x シリーズの Adaptec チップは、3.0 でデビューした CAM SCSI フレームワークでサポートされています。 2.2-STABLE のパッチは ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/development/cam/ にあります。 CAM システムが入っている高機能ブートフロッピーは http://people.FreeBSD.org/~abial/cam-boot/ にあります。 どちらの場合にしても、作業を始める前に README をお読みください。

2.27.

内蔵の Plug & Play モデムを持っているのですが、FreeBSD が検出できないようです。

モデムの PnP ID を シリアルドライバの PnP ID リストに追加する必要があるでしょう。 Plug & Play サポートを有効にするには、 controller pnp0 をコンフィグレーション ファイルに付け加え、 新しいカーネルをコンパイルしてシステムを再起動してください。 カーネルは、検出したすべてのデバイスの PnP ID を表示します。 モデムの欄にある PnP ID を /sys/i386/isa/sio.c の 2777 行目くらいにあるテーブルに書き入れてください。 テーブルを見つけるには、構造体 siopnp_ids[] の文字列 SUP1310 を探します。 カーネルを作り直したらインストールし、システムを再起動してください。 そうすれば、モデムが検出されるはずです。

起動時のコンフィグレーションの際に、pnp コマンドを使用して PnP の設定をマニュアルで行なわなければならないかもしれません。 その場合、モデムを検出させるためのコマンドは

pnp 1 0 enable os irq0 3 drq0 0 port0 0x2f8

のようになります。

2.28.

シリアルコンソールで boot: プロンプトを表示するにはどうすればいい?

  1. options COMCONSOLE を指定してカーネルを構築してください。

  2. そして /boot.config を作成して -P とだけ書き入れてください。

  3. その後、キーボードをシステムから抜きます。

/usr/src/sys/i386/boot/biosboot/README.serial に、 これに関する情報が書かれています。

2.29.

なぜ Micron コンピュータで 3Com PCI ネットワークカードが動かないのでしょう?

特定の Micron 製のマザーボードの中には、PCI BIOS が規格通りに 実装されていないために FreeBSD の起動に失敗するものがあります。 その BIOS は、PCI デバイスをあるアドレスで設定したと報告するにも 関わらず、実際にはそうしていないのです。

この問題を回避するには、BIOS の Plug and Play Operating System を無効に設定してください。また、より詳しい情報は http://cesdis.gsfc.nasa.gov/linux/drivers/vortex.html#micron を参照してください。

2.30.

対称型マルチプロセシング (SMP) をサポートしていますか?

SMP は、3.0-STABLE とそれ以降のリリースでのみサポートされています。 GENERIC カーネルでは SMP は有効化されていませんので、 SMP を有効化するにはカーネルを再構築する必要があります。 /sys/i386/conf/LINT を見て、 カーネルコンフィグファイルにどのオプションを追加すれば良いのか確かめてください。

2.31.

ASUS K7V マザーボードのシステムでブートフロッピーを使うと、 システムがハングアップします。 対応策はありませんか?

BIOS セットアップで 起動時のウィルス保護機能 を無効化してください。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。