FreeBSD への貢献者

改訂: 43969
法律上の通知
2014-02-17 : ryusuke.
概要

この文書は FreeBSD に貢献した個人や組織を列記したものです。

[ 分割版 / 単一版 ]

目次
1. 寄贈者ギャラリー
2. FreeBSD の開発者たち
3. コアチームの卒業生
4. 開発チームの卒業生
5. Ports Management チームの卒業生
6. 開発チーム : 亡くなられた開発者を悼んで
7. BSD 派生ソフトウェアへの貢献者
8. その他の FreeBSD への貢献者
9. 386BSD パッチキットへのパッチ提供者
索引

1. 寄贈者ギャラリー

注記:

2010 年現在、この節は何年も前のものになっています。 数年前からの寄付については、 ここ にまとめられています。

FreeBSD プロジェクトは次の寄贈者に恩義を受けており、 ここに公表して感謝の意を表したいと思います。

  • セントラルサーバプロジェクトへの寄贈者:

    次にあげる個人および企業からは、 新しいセントラルサーバマシンのための部品の寄贈を頂きました。 これにより、freefall.FreeBSD.org をリプレースして、新しい FreeBSD サーバマシンを 構築することができました。

  • 直接的な資金提供

    次にあげる個人および企業からは FreeBSD プロジェクトに対する直接的な 資金提供を頂いています。

  • ハードウェアの寄贈者

    次にあげる個人および企業からは、 テストやデバイスドライバの開発 / サポート のためのハードウェアの寄贈を頂いています。

    • BSDi は、 ネットワークへのアクセスおよび 他のハードウェアリソースの寄贈はいうまでもなく、 開発に使うための Pentium P5-90 と 486/DX2-66 EISA/VL のシステム数台を提供してくださいました。

    • Compaq から、さまざまな種類の Alpha システムを FreeBSD プロジェクトに寄贈していただきました。 この豊富な寄贈品の中には AlphaStation DS10 4 台、AlphaServer DS20 1 台、 AlphaServer 2100 数台、AlphaServer 4100 1 台、 500Mhz の CPU を搭載したパーソナルワークステーション 8 台、 433Mhz の CPU を搭載したパーソナルワークステーション 4 台が含まれ、 それ以外にも数々の支援をいただきました。 上記のマシンは、FreeBSD/Alpha における リリースエンジニアリング作業、package 構築、SMP の開発、 そして一般的な開発に利用されています。

    • TRW Financial Sysytems 社は、PC 130 台、68 GB のファイルサーバ 3 台、12 のイーサネット、 ディスクレスコードのデバッグをおこなうための ルータ 2台及び ATM スイッチを提供してくださいました。また、 彼らは 2、3 人の FreeBSD ハッカーを雇って、FreeBSD に専念させてくださっております。 ありがとうございます!

    • Dermot McDonnell は、東芝 XM3401B CD-ROM ドライブを 寄贈してくださいました。その CD-ROM ドライブは現在 freefall で使用されています。

    • Chuck Robey は、実験用のフロッピーテープストリーマを 寄付してくださいました。

    • Larry Altneu と Wilko Bulte は、wt ドライバを改良するために Wangtek と Archive の QIC-02 テープドライブを提供してくださいました。

    • Ernst Winter (故人) は、 このプロジェクトへ 2.88 MB のフロッピードライブを提供してくださいました。 うまくいけば、 これでフロッピーディスクドライバを書き直すための プレッシャーが増えるでしょう。

    • Tekram Technologies は NCR ドライバや AMD ドライバと自社のカードの逆行テストのため FAST/ULTRA SCSI ホストアダプタ DC-390、DC-390U、DC-390F を 各1枚提供してくださいました。また、フリーな OS のためのドライバの ソースを自社の FTP サーバ ftp://ftp.tekram.com/scsi/FreeBSD/ で公開されていることも称賛に値するでしょう。

    • Larry M. Augustin は Symbios Sym8751S SCSI カードを寄贈してくださっただけでなく、Ultra-2 や LVD をサポートする次期チップ Sym53c895 のものを含む データブックのセットと、最新の Symbios SCSI チップが持つ先進的機能を安全に使う方法について書かれた 最新のプログラミングマニュアルも寄贈してくださいました。 本当にありがとうございます!

    • Christoph P. Kukulies は、IDE CD-ROM ドライバ開発用の FX120 12 倍速 Mitsumi CD-ROM ドライブを提供してくださいました。

    • Mike Tancsa は、 拡張カードの対応と、netatm ATM スタックの開発作業のために 4 枚の ATM PCI カードを寄贈してくれました。

  • 特筆すべき寄贈者

    • BSDi (かつての Walnut Creek CDROM) は、 言い表せないほど多くの寄付をしてくださいました (詳細は FreeBSD ハンドブックの 「FreeBSD プロジェクトについて」の章をご覧ください)。 特に、私たちのもともとのプライマリ開発マシンである freefall.FreeBSD.org、 テストおよびビルドマシンである thud.FreeBSD.org で使用しているハードウェアに対し感謝したいと思います。 また彼らには、数年にわたる色々な貢献者への資金提供や、 インターネットへの T1 コネクションの無制限使用を提供して 頂いた恩義があります。

    • interface business GmbH, Dresden は、Jörg Wunsch を根気よくサポートしてくださいました。彼は本職より FreeBSD の仕事を好みがちであり、彼個人の接続があまりに 遅くなったり途切れたりして仕事にならない時は必ず interface business の (非常に高価な) EUnet インターネット接続に頼ったものです…。

    • Berkeley Software Design, Inc. は、同社の DOS エミュレータのコードを BSD コミュニティ全体に対して提供してくれました。このコードは、 doscmd コマンドに利用されています。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。