3.5. sysinstall(8) の紹介

FreeBSD 8.X のインストーラである sysinstall(8) は、 コンソール上で動作し、 いくつものメニューや画面から構成され、 設定やインストールプロセスをコントロールできます。

メニューはカーソルキー、 Enter, Tab, Space 等で操作します。 これらのキーの詳しい解説とその意味については、図3.5「Sysinstall のメインメニューから Usage を選択」 に示されているように、 Usage の項目が強調表示され、 [Select] ボタンが選択されていることを確認してから、 Enter を押してください。

メニューシステムの使い方が表示されます。読み終ったら、 Enter を押してメインメニューに戻りましょう。

図3.5 Sysinstall のメインメニューから Usage を選択
Sysinstall のメインメニューから Usage を選択

3.5.1. ドキュメントメニューの選択

メインメニューから、カーソルキーで Doc を選択して Enter を押してください。

図3.6 ドキュメントメニューの選択
ドキュメントメニューの選択

これでドキュメントメニューが表示されます。

図3.7 Sysinstall ドキュメントメニュー
Sysinstall ドキュメントメニュー

付属のドキュメントを読むことは重要です。 ドキュメントを読むには、カーソルキーで選択して Enter を押してください。読み終えたら、 Enter を押すとドキュメントのメニューに戻ります。

メインのインストールメニューに戻るには、カーソルキーで Exit を選択して、 Enter を押してください。

3.5.2. キー配列メニューの選択

キーボード配列を変更するには、カーソルキーで Keymap を選択して、 Enter を押してください。 使用しているキーボードが、標準ではなかったり、 または US ではない場合に変更作業が必要となります。

図3.8 Sysinstall メインメニュー
Sysinstall メインメニュー

上下のカーソルキーでメニュー項目を選択して Space を押すと、異なるキーボード配列を選択できます。 もう一度 Space を押すと、選択を解除します。 完了したら、カーソルキーで [ OK ] を選択して Enter を押してください。

このスクリーン表示では、リストの一部しか表示されていません。 Tab を押して [ Cancel ] を選択すると、 デフォルトのキーマップを使用して、 メインインストールメニューに戻ります。

図3.9 Sysinstall キー配列メニュー
Sysinstall キー配列メニュー

3.5.3. インストールオプション画面

Options を選択して、 Enter を押してください。

図3.10 Sysinstall メインメニュー
Sysinstall メインメニュー

図3.11 Sysinstall オプション
Sysinstall オプション

ほとんどのユーザーにはデフォルトの値でよく、変更する必要はありません。 リリース名は、インストールするバージョンによって変わります。

選択された項目の説明が、画面の下部に青く強調表示されます。 オプションの 1 つは Use Defaults という、 すべての値を初期値に戻すものであることに気をつけてください。

F1 を押すと、 さまざまなオプションについての説明を読むことができます。

Q を押すと、 メインインストールメニューに戻ります。

3.5.4. 標準インストールの開始

UNIX® や FreeBSD が初めての人には Standard インストールがお奨めです。 カーソルキーで Standard を選択し、 Enter を押してインストールを始めてください。

図3.12 標準インストールの開始
標準インストールの開始

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。