第18章 シリアル通信

目次
18.1. この章では
18.2. はじめに
18.3. シリアル端末
18.4. ダイアルインサービス
18.5. ダイアルアウトサービス
18.6. シリアルコンソールの設定

18.1. この章では

Unix は現在に至るまで、常にシリアル通信機能をサポートしていました。 実際、本当に初期の Unix マシンは、ユーザとの入出力にシリアル通信を使っていました。 10 文字毎秒のシリアルプリンタ、 キーボードから構成された 端末(terminal) が広く使われていた当時とは、 何もかもがすっかり変わっています。この章では、FreeBSD でシリアル通信を行なういくつかの方法について説明しています。

この章を読むと、以下のことがわかります。

  • FreeBSD システムへの端末の接続方法

  • リモートホストへダイヤルするためのモデムの使い方

  • リモートのユーザがモデムでシステムにログインできるようにする方法

  • シリアルコンソールからのシステム起動方法

この章を読む前に、以下のことを行っておくべきです。

  • 新しいカーネルを構成してインストールする方法を覚える (8章FreeBSD カーネルのコンフィグレーション)。

  • Unix のパーミッションとプロセスについて理解する (3章UNIX の基礎知識)。

  • FreeBSD で使おうとしているシリアルハードウェア (モデムまたはマルチポートカード) のテクニカルマニュアルを読めるようにする。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。