第10章 プリンタの利用

寄稿: Kelly Sean [FAMILY Given].
改訂:Mock Jim [FAMILY Given].
目次
10.1. この章では
10.2. はじめに
10.3. 基本的な設定
10.4. プリンタ設定上級編
10.5. プリンタを使う
10.6. 標準スプーラの代替品
10.7. トラブルシューティング

10.1. この章では

FreeBSD は古いインパクトプリンタから最新のレーザープリンタまで幅広いプリンタが利用でき、 実行しているアプリケーションから高品質な印刷出力が行えます。

FreeBSD はネットワーク上のプリンタサーバとして動作するように設定することもできます。 この機能は、他の FreeBSD コンピュータや、Windows® や Mac OS® ホストから印刷ジョブを受け取ることができます。 FreeBSD は印刷ジョブを 1 つずつ処理することを保証します。 また、どのユーザやマシンが最も多く印刷しているかの統計を取り、 どの印刷物が誰の物か表示する バナー ページの作成などを行うことができます。

この章を読めば以下のことがわかります。

  • FreeBSD プリントスプーラの設定方法。

  • 入力ドキュメントをプリンタが扱える印刷フォーマットへ変換するなどといった、 特別な印刷ジョブを別に取り扱うための印刷フィルタのインストール方法。

  • 印刷物へのヘッダやバナーの適用方法。

  • 他のコンピュータに接続されたプリンタで印刷する方法。

  • ネットワークに直接接続されたプリンタで印刷する方法。

  • 印刷ジョブの上限サイズや特定のユーザからの印刷拒否といった、 プリンタの制限の制御方法。

  • 印刷の統計とプリンタの使用状況の取得方法。

  • 印刷問題のトラブルシューティング方法。

この章を読み始める前に以下を済ませておいてください。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。