第20章 PPP と SLIP

目次
20.1. この章では
20.2. ユーザ ppp の利用
20.3. カーネル PPP の利用
20.4. PPP オーバイーサネット (PPPoE) の利用
20.5. SLIP の利用

改訂: Jim Mock, 2000 年 3 月 1 日.

20.1. この章では

もしあなたがモデムを使ってインターネットに接続したり, 他の人々に FreeBSD によるインターネットへのダイヤルアップ接続を 提供しようとしているのでしたら, PPP または SLIP 接続を選択することができます.

この節では 3 種類の PPP について説明しています. それは ユーザ, カーネル, そして PPPoE (PPP オーバイーサネット) です. また SLIP のクライアントとサーバの設定についても記述しています.

最初に説明するのは, ユーザ PPP です. ユーザ PPP は FreeBSD に 2.0.5-RELEASE の時に, 既に存在していたカーネル実装の PPP に加えて導入されました.

ユーザ PPP とカーネル PPP の主な違いは何かと疑問に思われるかも 知れませんが, その答えは簡単です. ユーザ PPP はデーモンとしては実行されず 必要に応じて実行されるのです. PPP インタフェイスを組み込んだカーネルは 必要ではなく, ユーザプロセスとして実行されカーネルとのデータの やり取りにはトンネルデバイスドライバ (tun) を 使用します.

この節ではこれ以降ユーザ PPP のことは, pppd のような他の PPP ソフトウエアと特に区別する必要がある場合を除いて, 単に ppp と記述します. またこの節に記述されているコマンドは すべて root で実行されなければなりません.

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。