第5章 アプリケーションのインストール - packages と ports

目次
5.1. この章では
5.2. ソフトウェアのインストール
5.3. ソフトウェアの探し方
5.4. pkgng によるバイナリ package の管理
5.5. Ports Collection の利用
5.6. インストール後の作業
5.7. うまく動作しない ports に遭遇した場合には

5.1. この章では

FreeBSD の基本システムには数多くのシステムツールが含まれています。 FreeBSD は、サードパーティ製のソフトウェアの導入を支援するために、 ソースコードをコンパイルしてインストールする Ports Collection と、 コンパイル済みのバイナリをインストールする packages という相補的な 2 つの技術を提供しています。 どちらのシステムを用いても、 ローカルメディアやネットワーク上からソフトウェアをインストールできます。

この章を読むと、以下のことがわかります。

  • packages と ports の違い

  • FreeBSD に移植されたサードパーティ製のソフトウェアの探し方

  • pkgng を用いてバイナリ package を管理する方法

  • Ports Collection を用いてサードパーティ製のソフトウェアをソースコードから構築する方法

  • インストール後の設定のために、 アプリケーションとともにインストールされたファイルを探す方法

  • ソフトウェアのインストールに失敗した場合に、どうしたらよいか

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。