5.2. ソフトウェアのインストール

UNIX® システムでは、 サードパーティ製ソフトウェアの典型的なインストール手順は以下のようになります。

  1. ソースコード、 またはバイナリ形式で配布されているソフトウェアを探し出し、 ダウンロードする。

  2. 配布時のフォーマットからソフトウェアを取り出す。 一般的には compress(1), gzip(1) または bzip2(1) で圧縮された tarball です。

  3. INSTALL または README ファイル、あるいは doc/ サブディレクトのファイルからドキュメントを探しだし、 ソフトウェアのインストール方法を調べる。

  4. ソース形式でソフトウェアが配布されている場合はコンパイルを行う。 ここでは、Makefile の編集、 または、configure スクリプトの実行を伴うことがあります。

  5. ソフトウェアの動作を確認し、インストールする。

インストールしているソフトウェアパッケージが、 FreeBSD を意識して移植されたものでなかったり、 FreeBSD 上でテストされていなければ、 正しくインストールが行われ、適切に動くようにコードを調べ、 編集する必要があるかもしれません。 この文書を書いている時点では、24,000 を越えるサードパーティ製アプリケーションが利用可能です。

FreeBSD の package は、コンパイル済みのアプリケーションの全コマンド、 各種設定ファイルやドキュメントを含んでいます。 pkgng コマンドでは、pkg install といったコマンドで、 package を扱うことができます。

FreeBSD port は、 アプリケーションをソースコードからコンパイルする際の処理を自動化するように設計されたファイルの集まりです。 port を構成するファイルは、 自動的にアプリケーションをダウンロードし、展開、パッチ作業、 コンパイル、そしてインストールを行うために必要な情報を含んでいます。

さらに ports システムは、FreeBSD の package 管理コマンドで扱うことのできる packages を生成できます。

packages と ports は依存関係を理解します。 package または port を用いてアプリケーションをインストールすると、 依存するライブラリがまだインストールされていない場合には、 最初にライブラリが自動的にインストールされます。

2 つの技術は類似していますが、 packages と ports にはそれぞれ独自の特徴があります。 それぞれのアプリケーションのインストールに対する必要要件に応じてどちらかを選択してください。

package の利点
port の利点

ports の更新状況を把握するために、 FreeBSD ports メーリングリストFreeBSD ports bugs メーリングリスト を購読するとよいでしょう。

警告:

アプリケーションをインストールする前に、 そのアプリケーションに関連したセキュリティ上の問題がないことを http://vuxml.freebsd.org/ で確認するか、ports-mgmt/portaudit をインストールしてください。インストールしたら、 portaudit -F -a と入力して、 インストールされているアプリケーションに既知の脆弱性がないことを確認してください。

この章では、packages と ports を用いた FreeBSD 上での サードパーティ製ソフトウェアのインストール方法や管理方法について説明します。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。