22.8. ISDN

訳: はらだ きろう . 11 December 1996.

ISDN 技術とハードウェアに関しては、 Dan Kegel's ISDN Page がよい参考になるでしょう。

手軽な ISDN の導入手順は以下のようになります。

費用はどの解決法を選ぶかを決める重要な要因です。 以下に、最も安価な方法から、高価な方法まで順に説明していきます。

22.8.1. ISDN カード

寄稿: Michaelis Hellmuth [FAMILY Given].

FreeBSD の ISDN 実装は、パッシブカードを使用した DSS1/Q.931 (または Euro-ISDN) 標準だけに対応しています。FreeBSD 4.4 からは、ファームウェアが他の信号プロトコルにも対応している 一部のアクティブカードにも対応しました。 その中には、はじめて対応された一次群速度インタフェース (PRI) ISDN カードもあります。

isdn4bsd は IP over raw HDLC または同期 PPP を利用して他の ISDN ルータに接続できるようにします。 PPP では、カーネル PPP を sppp(4) ドライバを修正した isppp ドライバとともに利用するか、または ユーザプロセス ppp(8) を利用するかのどちらかになります。ユーザ ppp(8) を利用すると、二つ以上の ISDN B チャネルを併せて利用できます。 ソフトウェア 300 ボーモデムのような多くのユーティリティとともに、 留守番電話アプリケーションも利用可能です。

FreeBSD が対応している PC ISDN カードの数は増加しており、 ヨーロッパ全域や世界のその他多くの地域でうまく使えることが報告されています。

対応しているパッシブ ISDN カードのほとんどは Infineon (前身は Siemens) の ISAC/HSCX/IPAC ISDN チップセットを備えたカードですが、 Cologne Chip から供給されたチップを備えた ISDN カード (ISA バスのみ)、Winbond W6692 チップを備えた PCI カード、 Tiger300/320/ISAC チップセットを組み合わたカードの一部、 および AVM Fritz!Card PCI V.1.0 や AVM Fritz!Card PnP のようなベンダ独自のチップセットに基づいたカードもあります。

現在のところ、対応しているアクティブカードは AVM B1 (ISA および PCI) BRI カードと AVM T1 PCI PRI カードです。

isdn4bsd についての文書は FreeBSD システム内の /usr/share/examples/isdn/ ディレクトリまたは isdn4bsd のウェブサイトを参照してください。 そこにはヒントや正誤表や isdn4bsd ハンドブックのような、 さらに多くの文書に対するポインタがあります。

異なる ISDN プロトコルや、現在対応されていない ISDN PC カードに対応することや、その他 isdn4bsd を拡張することに興味があるなら、Hellmuth Michaelis に連絡してください。

isdn4bsd のインストール、設定、 そしてトラブルシューティングに関して質問があれば freebsd-isdn メーリングリストが利用可能です。

22.8.2. ISDN ターミナルアダプタ

ターミナルアダプタ (TA) は ISDN で、 通常の電話線におけるモデムに相当するものです。

ほとんどの TA は、標準のヘイズ AT コマンドセットを使用しているので、 単にモデムと置き換えて使うことができます。

TA は、基本的にはモデムと同じように動作しますが、 接続方法は異なり、通信速度も古いモデムよりはるかに速くなります。 PPP の設定を、 モデムの場合と同じように行ってください。 特にシリアル速度を使用できる最高速度に設定するのを忘れないでください。

プロバイダへの接続に TA を使用する最大のメリットは、動的 PPP を行えることです。 最近 IP アドレス空間がますます不足してきているため、 ほとんどのプロバイダは、 固定 IP アドレスを割り当てないようになっています。 ほとんどのスタンドアローンルータは、動的 IP アドレス割り当てに対応していません。

訳注:

最近の ISDN ルータでは IP アドレスの動的割り当てに対応しているものも多いようです。 ただし制限がある場合もありますので、 詳しくはメーカに問い合わせてください。

TA を使用した場合の機能や接続の安定性は、使用している PPP デーモンに完全に依存します。そのため、FreeBSD で PPP の設定が完了していれば、使用している既存のモデムを ISDN の TA に簡単にアップグレードすることができます。ただし、それまでの PPP のプログラムに問題があった場合、その問題は TA に置き換えてもそのまま残ります。

最高の安定性を求めるのであれば、 ユーザランド PPP ではなく、カーネル PPPを使用してください。

以下の TA は、FreeBSD で動作確認ずみです。

  • Motorola BitSurfer および Bitsurfer Pro

  • Adtran

他の TA もほとんどの場合うまく動作するでしょう。TA のメーカーでは、TA がほとんどの標準モデム AT コマンドセットを受け付けるようにするよう努力しているようです。

外部 TA を使う際の最大の問題点は、 モデムの場合と同じく良いシリアルカードが必要であるということです。

シリアルデバイスの詳細と、 非同期シリアルポートと同期シリアルポートの差を理解するには、FreeBSD シリアルハードウェアチュートリアルを参照してください。

標準の PC シリアルポート (非同期) に接続された TA は 128 Kbs の接続を行っていても、最大通信速度が 115.2 Kbs に制限されてしまいます。128 Kbs の ISDN の性能を最大限に生かすためには TA を同期シリアルカードに接続しなければなりません。

内蔵 TA を購入すれば、 同期/非同期問題を回避できるとは思わないでください。内蔵 TA には、 単に標準 PC シリアルポートのチップが内蔵されているだけです。 内蔵 TA の利点といえば、 シリアルケーブルを買わなくていいということと、 電源コンセントが一つ少なくて済むということくらいでしょう。

同期カードと TA の組合せでも、スタンドアロンのルータと同程度の速度は確保できます。 さらに、386 の FreeBSD マシンと組合せると、 より柔軟な設定が可能です。

同期カード/TA を選ぶか、スタンドアロンルータを選ぶかは、 多分に宗教的な問題です。 メーリングリストでもいくつか議論がありました。議論の全容については、 アーカイブ を検索してください。

22.8.3. スタンドアロン ISDN ブリッジ/ルータ

ISDN ブリッジあるいはルータは、 FreeBSD あるいは他の OS に特有のものでは皆目ありません。 ルーティングやブリッジング技術に関する詳細は、 ネットワークの参考書をご覧ください。

この節では、 ルータとブリッジのどちらでもあてはまるように記述します。

ローエンド ISDN ルータ/ブリッジ製品は、 価格が下がってきていることもあり、 より広く選択されるようになるでしょう。ISDN ルータは、 ローカルイーサネットネットワークに直接接続し、 自身で他のブリッジ/ルータとの接続を制御する小さな箱です。PPP や他の広く使用されているプロトコルをつかって通信するためのソフトウェアが組み込まれています。

ルータは、完全な同期 ISDN 接続を使用するため、通常の TA と比較してスループットが大幅に向上します。

ISDN ルータ/ブリッジを使用する場合の最大の問題点は、 各メーカーの製品間に相性の問題がまだ存在することです。 インターネットプロバイダとの接続を考えている場合には、 プロバイダと相談することをお勧めします。

事務所の LAN と家庭の LAN の間など、二つの LAN セグメントの間を接続しようとしている場合は、 これはもっともメンテナンスが簡単で、安くあがる解決方法です。 接続の両側の機材を購入するので、 リンクがうまくいくであろうことを保証できます。

たとえば、 家庭のコンピュータや支店のネットワークを本社のネットワークに接続するためには、 以下のような設定が使用できます。

例22.2 支店または家庭のネットワーク

ネットワークは 10 Base 2 イーサネット (thinnet) のバス型トポロジを用いています。ルータとネットワークの間は、 必要に応じて AUI/10BT トランシーバを使って接続してください。

10 Base 2 イーサネット

家庭/支店で一台しかコンピュータを使用しないのであれば、 クロスのツイストペアケーブルを使用して、 直接スタンドアロンルータに接続することも可能です。


例22.3 本社 LAN や他の LAN

ネットワークは 10 base T イーサネット (Twisted Pair) のスター型トポロジを用いています。

ISDN ネットワークダイアグラム

ほとんどのルータ/ブリッジの大きな利点は、 別々の二つのサイトに対して、同時 にそれぞれ独立した二つの PPP 接続が可能であることです。 これは、シリアルポートを 2 つもった特定の (通常は高価な) モデルを除いて、通常の TA では対応していません。 チャネルボンディングや MPP などと混同しないでください。

たとえば、事務所で専用線 ISDN 接続を使用していて、 別の ISDN 回線を購入したくないときには大変便利な機能です。この場合、 事務所のルータは、インターネットに接続するための一つの専用線 B チャネル接続 (64 Kbs) を管理し、 別の B チャネルを他のデータ接続に使用できます。 2 つ目の B チャネルは他の場所とのダイアルイン、 ダイアルアウトに使用したり、バンド幅を増やすために、 1 つ目の B チャネルと動的に結合すること (MPPなど) ができます。

またイーサネットブリッジは、IP パケット以外も中継できます。 IPX/SPX など、使用するすべてのプロトコルを送ることが可能です。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。