第8章 マルチメディア

目次
8.1. この章では
8.2. サウンドカードの設定
8.3. MP3 オーディオ
8.4. ビデオ再生
8.5. TV カード
8.6. MythTV
8.7. 画像スキャナ

8.1. この章では

FreeBSD は数多くの種類のサウンドカードに対応しており、 FreeBSD システムで原音に忠実な出力を楽しむことができます。 これには録音機能と、MPEG Audio Layer 3 (MP3) や Waveform Audio File (WAV), Ogg Vorbis などをはじめとした多くの形式の音楽の再生機能が含まれます。 加えて FreeBSD の Ports Collection には、 録音した音楽を編集したり、音響効果を加えたり、接続された MIDI 機器を制御するためのアプリケーションが用意されています。

FreeBSD ではビデオファイルおよび DVD の再生もできます。 FreeBSD の Ports Collection には、さまざまなビデオメディアをエンコード、 変換、再生するアプリケーションが用意されています。

この章では FreeBSD 上でサウンドカード、ビデオの再生、TV チューナカード、 スキャナを設定する方法について説明します。 また、これらのデバイスを使うためのアプリケーションについても説明します。

この章を読むと、以下のことがわかります。

  • FreeBSD でのサウンドカードの設定方法

  • サウンドの設定に関するトラブルシューティング

  • MP3 およびその他の形式の音声を再生、エンコードする方法

  • FreeBSD システムでのビデオ再生の準備

  • DVD, .mpg および .avi ファイルを再生する方法

  • CD および DVD の情報をファイルに抽出する方法

  • TV カードの設定方法

  • MythTV を FreeBSD にインストールして設定する方法

  • 画像スキャナの設定方法

この章を読む前に、以下のことを理解しておく必要があります。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。