9.2. なぜカスタムカーネルを作るか?

伝統的に、FreeBSD はモノリシック (monolithic) カーネルを使っていました。 このカーネルは、単一の巨大なプログラムで、 扱えるデバイスは固定されていて、 カーネルの振る舞いを変えたければ構築してコンピュータを再起動し、 新しいカーネルを動かさなれければなりませんでした。

今日では、FreeBSD カーネルのかなりの機能はモジュールに含まれるようになり、 必要に応じて動的にカーネルに組み込んだり外したりできるようになりました。 この移行により、動いているカーネルが新しいハードウェアに迅速に対応したり、 カーネルに新たな機能を取り入れられるようになります。 このようなカーネルは、モジュラ (modular) カーネルと呼ばれます。

しかしながら、いまだにいくらかは静的にカーネルを構成する必要があります。 機能がカーネルとあまりに密接に結びついているため、 動的に組み込むことができない場合があるためです。 セキュリティ的に、カーネルモジュールを読み込んだり外すことができず、 必要となる機能を静的にカーネルにコンパイルしなければならない場合もあります。

システムに合わせたカーネルを構築することは、多くの場合、 高度な知識を持つ BSD ユーザが避けて通ることのできない通過儀礼です。 この作業は多くの時間を必要としますが、FreeBSD システムに利益をもたらします。 広範囲のハードウェアをサポートしなければならない GENERIC カーネルとは異なり、カスタムカーネルは、 使用しているコンピュータのハードウェアのみをポートするように、 必要のない機能を省くことができます。これは、 次にあげるような利益をもたらします。

カスタムカーネルを構築する前に、再構築する理由を考えてください。 ある特定のハードウェアに対応する必要がある場合に、 そのハードウェアに対応するためのモジュールがすでに用意されていることがあります。

カーネルモジュールは /boot/kernel にあります。モジュールによっては kldload(8) により、 すでに実行中のカーネルに動的に読み込まれています。 ほとんどのカーネルドライバには、 読み込み可能なモジュールやマニュアルページが用意されています。 たとえば、ath(4) ワイヤレスイーサネットドライバのマニュアルページには以下のような記述があります。

Alternatively, to load the driver as a module at boot time, place the
following line in loader.conf(5):

    if_ath_load="YES"

/boot/loader.confif_ath_load="YES" を追加すると、 起動時にモジュールが読み込まれるようになります。

対応するモジュールが /boot/kernel に存在しないこともあります。 特定のサブシステムでは、ほとんど多くの場合存在しません。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。