3.12. 高度なインストールガイド

寄稿: Vaschetto Valentino [FAMILY Given].
改訂: Fonvieille Marc [FAMILY Given].

この節では特殊な状況での FreeBSD のインストール方法が記述してあります。

3.12.1. FreeBSD をモニタやキーボードのないシステムにインストールする

この形式のインストールは 表示のないインストール と呼ばれます。 なぜなら、FreeBSD をインストールしようとするマシンにモニタが接続されていないか、 VGA 出力をもっていないからです。 このようなシステムへのインストールはシリアルコンソールを使い、 別のマシンをシステムの主ディスプレイやキーボードとして使うと可能になります。 これを行うには、「ブートメディアの準備」 の説明に従い、インストール用の USB メモリスティックを作成するか、 「インストール ISO の作成」 で説明されているインストール用の ISO イメージをダウンロードしてください。

以下の説明に従って、 これらのメディアをシリアルコンソールを使って起動するように変更してください CD/DVD メディアを使うのであれば、最初の手順を飛ばしてください。

  1. インストール用 USB スティックのシリアルコンソールへの起動を有効にする

    デフォルトでは、USB スティックで起動すると、 インストーラを起動します シリアルコンソールを使って起動するには、 os; のシステムに mount(8) コマンドを使って USB ディスクをマウントしてください。

    # mount /dev/da0a /mnt

    注記:

    デバイスノードおよびマウントポイントの部分は、 利用している環境に合わせてください。

    スティックをマウントしたら、USB スティックをシリアルコンソールを使って起動するように設定してください。 以下の行を USB スティックの /boot/loader.conf に追加してください。

    # echo 'console="comconsole"' >> /mnt/boot/loader.conf

    USB スティックを正しく設定することができたら、 umount(8) を使ってディスクをアンマウントしてください。

    # umount /mnt

    その後 USB スティックを抜き、3 番目の手順に進んでください。

  2. インストール用 CD/DVD のシリアルコンソールへの起動を有効にする

    デフォルトでは、インストール用の CD/DVD で起動すると、FreeBSD は通常のインストールモードで起動します。 シリアルコンソールで起動するには、 ISO イメージを CD/DVD メディアに焼く前に、 展開して、変更し、再び ISO イメージを作成する必要があります。

    インストール用の ISO イメージが保存されている FreeBSD システムで、 以下のようにすべてのファイルを tar(1) を使って展開してください。

    # mkdir /path/to/headless-iso
    # tar -C /path/to/headless-iso -pxvf FreeBSD-10.0-RELEASE-i386-disc1.iso

    次に、 インストールメディアをシリアルコンソールを使って起動するように設定します。 以下の行を展開した ISO イメージの /boot/loader.conf に追加します。

    # echo 'console="comconsole"' >> /path/to/headless-iso/boot/loader.conf

    その後、修正されたツリーを使って新しい ISO イメージを作成します。 この例では、sysutils/cdrtools package または port の mkisofs(8) を使っています。

    # mkisofs -v -b boot/cdboot -no-emul-boot -r -J -V "Headless_install" \
    	    -o Headless-FreeBSD-9.3-RELEASE-i386-disc1.iso/path/to/headless-iso

    適切な ISO イメージを作成できたので、 お気に入りの CD ライタ用のアプリケーションを使って CD/DVD に焼いてください。

  3. ヌルモデムケーブルの接続

    2 つのマシン間のシリアルポートを、 ヌルモデムケーブルで接続してください。 普通のシリアルケーブルはここでは使えません。 ヌルモデムケーブルが必要です。

  4. インストールのために起動

    いよいよインストールを開始します。 USB メモリスティックまたは CD/DVD メディアを、画面のない、 インストールを行おうとしているマシンに挿入し、 電源を投入してください。

  5. 画面がないマシンへの接続

    cu(1) でインストールを行いたいマシンに接続してください:

    # cu -l /dev/cuau0

cu(1)を通して画面がないマシンを操作することができます。 カーネルを読み込み、 その後どの種類の端末を使うか選択する画面が表示されます。 FreeBSD カラーコンソールを選んでインストールを続行してください!

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。