1.3. FreeBSD プロジェクトについて

以下の節では簡単な歴史やプロジェクトの目標、 開発モデルなど、普段は表にでない話題を提供しています。

1.3.1. FreeBSD 小史

FreeBSD プロジェクトは 1993 年の始めに Unofficial 386BSD Patchkit の最後の 3 人のまとめ役によって、部分的に patchkit から派生する形で開始されました。ここでの 3 人のまとめ役というのは、Nate Williams, Rod Grimes と、 Jordan Hubbard です。

このプロジェクトのもともとの目標は、patchkit という仕組みではもう十分に解決できなくなってしまった 386BSD の数多くの問題を修正するための、386BSD の暫定的なスナップショットを作成することでした。 こういった経緯を経ているので、 このプロジェクトの初期の頃の名前は 386BSD 0.5 や 386BSD 暫定版 (Interim) でした。

386BSD は、Bill Jolitz が (訳注: バークレイ Net/2 テープを基に) 作成したオペレーティングシステムです。当時の 386BSD は、ほぼ一年にわたって放っておかれていた (訳注: 作者がバグの報告を受けても何もしなかった) というひどい状況に苦しんでいました。 作者の代わりに問題を修正し続けていた patchkit は日を追うごとに不快なまでに膨張してしまっていました。 このような状況に対して、彼らは暫定的な クリーンアップ スナップショットを作成することで Bill を手助けしようと決めました。しかし、 この計画は唐突に終了してしまいました。Bill Jolitz が、 このプロジェクトに対する受け入れ支持を取り下げることを突然決意し、 なおかつこのプロジェクトの代わりに何をするのかを一切言明しなかったのです。

たとえ Bill が支持してくれないとしても、 彼ら 3 人の目標には依然としてやる価値があると考えていたため、 David Greenman が考案した名称 FreeBSD をプロジェクトの名前に採用し、新たなスタートを切りました。 この時点でのプロジェクトの初期目標は、すでにこのシステム (訳注: 386BSD + Patchkit) を使っていた利用者たちと相談して決められました。 プロジェクトが実現に向けて軌道に乗ってきたことが明確になった時点で、 Jordan は Walnut Creek CDROM 社に連絡してみました。CD-ROM を使って FreeBSD を配布することによって、 インターネットに容易に接続できない多くの人々が FreeBSD を簡単に入手できるようになると考えたからです。Walnut Creek CDROM 社は FreeBSD を CD で配布するというアイデアを採用してくれたばかりか、 作業するためのマシンと高速なインターネット回線をプロジェクトに提供してくれました。 当時は海のものとも山のものともわからなかったこのプロジェクトに対して、Walnut Creek CDROM 社が信じられないほどの信頼を寄せてくれたおかげで、 FreeBSD は短期間のうちにここまで大きく成長したのです。

CD-ROM による最初の配布 (そしてネットでの、 ベータ版ではない最初の一般向け配布) は FreeBSD 1.0 で、1993 年 12 月に公開されました。これはカリフォルニア大学バークレイ校の 4.3BSD-Lite (Net/2) を基とし、386BSD や Free Software Foundation からも多くの部分を取り入れたものです。 これは初めて公開したものとしては十分に成功しました。続けて 1994 年 5 月に FreeBSD 1.1 を公開し、 非常に大きな成功を収めました。

この時期、 あまり予想していなかった嵐が遠くから接近してきていました。 バークレイ Net/2 テープの法的な位置づけについて、Novell 社とカリフォルニア大学バークレイ校との間の長期にわたる 法廷論争において和解が成立したのです。和解の内容は、Net/2 のかなりの部分が 権利つき (encumbered) コードであり、それは Novell 社の所有物である、 というバークレイ校側が譲歩したものでした。なお、Novell 社はこれらの権利を裁判が始まる少し前に AT&T 社から買収していました。 和解における譲歩の見返りにバークレイ校が得たのは、 4.4BSD-Lite が最終的に発表された時点で、 4.4BSD-Lite は権利つきではないと公式に宣言されること、 そしてすべての既存の Net/2 の利用者が 4.4BSD-Lite の利用へと移行することが強く奨励されること、という Novell 社からの ありがたき天からの恵み でした (訳注: 4.4BSD-Lite はその後 Novell 社のチェックを受けてから公開された)。FreeBSD も Net/2 を利用していましたから、1994 年の 7 月の終わりまでに Net/2 ベースの FreeBSD の出荷を停止するように言われました。ただし、 このときの合意によって、 私たちは締め切りまでに一回だけ最後の公開をすることを許されました。 そしてそれは FreeBSD 1.1.5.1 となりました。

それから FreeBSD プロジェクトは、まっさらでかなり不完全な 4.4BSD-Lite を基に、文字どおり一から再度作り直すという、 難しくて大変な作業の準備を始めました。Lite バージョンは、部分的には本当に軽くて、中身がなかったのです。 起動し、 動作できるシステムを実際に作り上げるために必要となるプログラムコードのかなりの部分がバークレイ校の CSRG (訳注: BSDを作っているグループ) によって (いろいろな法的要求のせいで) 削除されてしまっていたということと、4.4BSD の Intel アーキテクチャ対応が元々かなり不完全であったということがその理由です。 この移行作業は結局 1994 年の 11 月までかかりました。 そしてその時点で FreeBSD 2.0 をネットと CD-ROM (12 月末ごろ) を通じて公開しました。これは、 かなり粗削りなところが残っていたにもかかわらず、 かなりの成功を収めました。そしてその後に、より信頼性が高く、 そしてインストールが簡単になった FreeBSD 2.0.5 が 1995 年の 6 月に公開されました。

これ以降、FreeBSD の安定性、速さや機能は改善され、 リリースが行われてきました。

長期的な開発プロジェクトは 10.X-CURRENT 開発ブランチ (トランク) で続けられ、 10.X のスナップショットリリースは、開発の進行状況に応じて スナップショットサーバ より継続して入手できます。

1.3.2. FreeBSD プロジェクトの目標

寄稿: Hubbard Jordan [FAMILY Given].

FreeBSD プロジェクトの目的は、いかなる用途にも使用でき、 何ら制限のないソフトウェアを供給することです。 私たちの多くは、 コード (そしてプロジェクト) に対してかなりの投資をしてきており、 これからも多少の無駄はあっても投資を続けて行くつもりです。ただ、 他の人達にも同じような負担をするように主張しているわけではありません。 FreeBSD に興味を持っている一人の残らず全ての人々に、 目的を限定しないでコードを提供すること。これが、 私たちの最初のそして最大の 任務 であると信じています。そうすれば、コードは可能な限り広く使われ、 最大の恩恵をもたらすことができるでしょう。これが、 私たちが熱烈に支持しているフリーソフトウェアの最も基本的な目的であると、 私は信じています。

私たちのソースツリーに含まれるソースのうち、 GNU 一般公有使用許諾 (GPL) または GNU ライブラリ一般公有使用許諾 (LGPL) に従っているものについては、多少制限が課せられています。ただし、 ソースコードへのアクセスの保証という、 一般の制限とはいわば逆の制限 (訳注1) です。 GPL ソフトウェアの商利用には、そのライセンスにある 複雑な側面が影響してくることがあります。 ですから私たちは、そうすることが合理的であると判断されたときには、 より制限の少ない、BSD 著作権表示を採用しているソフトウェアを選択するようにしています。

(訳注1) GPL では、「ソースコードを実際に受け取るか、 あるいは、希望しさえすればそれを入手することが可能であること」 を求めています。

1.3.3. FreeBSD の開発モデル

寄稿: 浅見 [FAMILY Given].

FreeBSD の開発は非常に開かれた、柔軟性のあるプロセスです。 貢献者リスト を見ていただければわかるとおり、 FreeBSD は文字通り世界中の何百という人々の努力によって開発されています。 FreeBSD の開発環境は、 この何百という開発者がインターネット経由で共同作業できるようになっているのです。 新しい開発者はいつでも大歓迎ですので、FreeBSD technical discussions メーリングリスト にメールを送ってください。 FreeBSD announcements メーリングリスト もありますので、他の FreeBSD ユーザに自分のやっていることを宣伝したい時にはどうぞ使ってください。

あと、FreeBSD プロジェクトとその開発プロセスについて、 どなたにも知っていていただきたいのは以下のようなことです。

SVN リポジトリ

長年にわたり FreeBSD のソースツリーは CVS (Concurrent Versions System) によってメンテナンスされてきました。 CVS はソースコード管理用のフリーソフトウェアで、 FreeBSD のリリースにも含まれています。 2008 年 6 月、プロジェクトはソースコード管理のシステムを SVN (Subversion) に移行しました。 ソースツリーの急速な増加や、 これまでに蓄積された膨大な量の履歴によって、 CVS の持つ技術的な限界が明かになってきたためです。 ドキュメンテーションプロジェクトと Ports Collection リポジトリも、それぞれ 2012 年 5 月と 7 月に CVS から SVN へと移行しました。 FreeBSD src/ リポジトリを取得するための情報は ソースツリーの同期 の章を、FreeBSD Ports Collection を取得するための詳細については Ports Collection の利用 の章をご覧ください。

ソースツリー管理者

コミッター (committers) は Subversion ツリーへの書き込み権限を持っている人、 FreeBSD のソースに変更を加えることができる人です (リポジトリに変更を加えるには、ソースをコントロールする commit というコマンドを使うので、 これらの人々は英語では committers と呼ばれます)。 開発者にコードを送って見てもらうのに一番いい方法は send-pr(1) コマンドを使うことです。 もし、何か問題があって send-pr が使えないなら FreeBSD committer's メーリングリスト にメールを送っていただいても構いません。

FreeBSD コアチーム

FreeBSD コアチームは FreeBSD プロジェクトが会社だとすると取締役会にあたるものです。 コアチームとして一番重要な役割は FreeBSD プロジェクトが全体としてよい方向に向かっていることを確認することです。 責任感あふれる開発者を上記のソースツリー管理者として招くこと、 また仕事上の都合などでコアチームをやめた人たちの後任を見つけることもコアチームの役割です。 現在のコアチームは FreeBSD 開発者 (committer) の中から 2014 年 7 月に選挙によって選出されました。 コアチームを選出するための選挙は、2 年ごとに行なわれています。

コアチームのうち何人かは特定の担当分野を持っており、 システムのうち一部に特に重点をおいて面倒を見ています。 FreeBSD 開発者と担当分野の完全なリストは コントリビュータのリストをご覧ください。

注記:

忘れてほしくないのは、 コアチームのほとんどは FreeBSD に対してボランティアの立場であり、 FreeBSD プロジェクトからは何ら金銭的な支援を受けていない、 ということです。ですから、 ここでの責任保証されたサポートではありません。 そういう意味で、上記の取締役会 という例えはあまりよくないかもしれません。むしろ、FreeBSD のために人生を棒に振ってしまった人の集まりといった方が正しいかも…。

その他のコントリビュータ

最後になりますが、 もっとも重要で多数をしめる開発者はフィードバックやバグフィクスをどんどん送ってくれるユーザ自身です。 FreeBSD の開発に関わっていきたいという人は、 議論の場である FreeBSD technical discussions メーリングリスト に参加するとよいでしょう。 FreeBSD 関連メーリングリストに関する詳細は、 付録C インターネット上のリソース をご覧ください。

FreeBSD への貢献者リスト は日に日に長くなっています。 あなたも今日、何か送ることからはじめてみませんか?

もちろん FreeBSD に貢献するには、 コードを書くほかにもいろいろな方法があります。 助けが求められている分野については、 FreeBSD プロジェクトのウェブサイトをご覧ください。

ひとことで言うと、FreeBSD の開発組織はゆるやかな同心円状になっています。 ともすると中央集権的に見えがちなこの組織は、 FreeBSD のユーザがきちんと管理されたコードベースを 容易に追いかけられるようにデザインされているもので、 貢献したいという人を締め出す意図は全くありません! 私たちの目標は安定したオペレーティングシステムと 簡単にインストールして使うことのできる アプリケーションを提供することです。 この方法は、それを達成するために非常にうまくはたらきます。

これから FreeBSD の開発にたずさわろうという人に、 私たちが望むことはただ一つです。 FreeBSD の成功を継続的なものにするために、 現在の開発者と同じような情熱を持って接してください!

1.3.4. サードパーティ製プログラム

FreeBSD では基本配布セットに加え、 移植されたソフトウェア集として数千の人気の高いプログラムを提供しています。 この文書を書いている時点で 24,000 以上の ports (移植ソフトウェア) が存在します。 ports には http サーバから、ゲーム、言語、 エディタまでありとあらゆるものが含まれています。 ports はオリジナルソースに対する 差分という形で表現されており、 Ports Collection 全体でも 500 MB 程度にしかなりません。 ports をコンパイルするには、 インストールしたいと思っているプログラムのディレクトリに移動し、 make install とすると、 あとはすべてシステムがやってくれます。 どの ports もオリジナルの配布セットを動的に取ってくるので、 ディスクは構築したいと思っている ports の分だけを準備しておけば十分です。 ほとんどの ports は、すでにコンパイルされた状態で package として提供されており、 ソースコードからコンパイルしたくない場合、これを使うと (pkg_add というコマンドで) 簡単にインストールできます。 package と ports に関する詳細は、 5章アプリケーションのインストール - packages と ports をご覧ください。

1.3.5. ドキュメント

最近の FreeBSD では、システムの最初のセットアップ時に、 インストーラ (sysinstall(8) または bsdinstall(8) のどちらでも) 上で、ドキュメントを /usr/local/share/doc/freebsd 以下にインストールすることを選択できます。 システムのインストール後でも、「ports を用いたドキュメンテーションのアップデート」 に記述されている package を使うことで、いつでもドキュメントをインストールできます。 これらのローカルにインストールされたドキュメントは、HTML ブラウザを使って以下の URL から参照できます。

FreeBSD ハンドブック (英文オリジナル)

/usr/local/share/doc/freebsd/handbook/index.html

FreeBSD に関する FAQ (英文オリジナル)

/usr/local/share/doc/freebsd/faq/index.html

また、 http://www.FreeBSD.org/ にはマスタ (かなり頻繁に更新されます) がありますので、 こちらも参照してください。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。