2.3. インストール前に行う作業

システムが FreeBSD のインストールにおける最小ハードウェア要件を満たしていることを確認したら、 インストールファイルをダウンロードして、 インストール用のメディアを用意する必要があります。 その前に、以下のチェックリストを確認して、 システムをインストールする準備ができていることを確認してください。

  1. 重要なデータのバックアップ

    オペレーティングシステムをインストールする前に、 常に 価値のあるすべてのデータを最初にバックアップしてください。 インストールしようとしているシステムにはバックをとらないでください。 そのかわり、USB ドライブ、 ネットワーク上の他のシステム、 もしくはオンラインのバックアップサービスといったリムーバルディスクにデータを保存してください。 インストールを始める前に、バックアップを調べて、 必要なすべてのファイルがバックアップに含まれていることを確認してください。 インストーラがシステムのディスクをフォーマットしてしまうと、 ディスクに保存されていたすべてのデータは失われます。

  2. FreeBSD をインストールする場所の決定

    インストールするオペレーティングシステムが FreeBSD のみであれば、 このステップは飛ばすことができます。 しかし、ディスクに FreeBSD と 他のオペレーティングシステムを共存させる必要がある場合には、FreeBSD が利用するディスクおよびパーティションを決める必要があります。

    i386 および amd64 アーキテクチャでは、 二つのパーティションスキームのどちらかを使って、 ハードディスクを複数の塊に分割することができます。 伝統的な Master Boot Record (MBR) では、 ディスク 1 台あたり最大 4 つの プライマリパーティション をパーティションテーブルに持つことができます 歴史的な理由により、FreeBSD では、これらのパーティションのことを スライス と呼びます。 プライマリパーティションの 1 つに、 複数の 論理パーティション を含む 拡張パーティション を作成できます。 GUID Partition Table (GPT) は、 ディスクをパーティションに分ける簡単で新しい方法です。 一般的な GPT の実装では、 1 つのディスクに 128 個までのパーティションの作成が可能であり、 論理パーティションは必要ありません。

    警告:

    Windows® XP のような古いオペレーティングシステムは、 GPT パーティションと互換性がありません。 FreeBSD をこのようなオペレーティングシステムとディスク上で共存させる場合には、 MBR パーティションテーブルを使う必要があります。

    FreeBSD のブートローダは、プライマリまたは GPT パーティションのどちらかを必要とします。 ディスク上のプライマリ、もしくは GPT パーティションがすべて使われているのであれば、 そのひとつを FreeBSD のために開放してください。 ディスクにあるデータを消去せずにパーティションを作成するには、 パーティションサイズを変更するツールを使って今あるパーティションのサイズを小さくし、 空いたスペースに新しいパーティションを作成してください。

    パーティションサイズを変更するフリーや商用のツールは、 http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_disk_partitioning_software にまとめられています。 GParted Live (http://gparted.sourceforge.net/livecd.php) は、GParted パーティションエディタを含む完全なライブ CD です。 多くの Linux Live CD ディストリビューションでも GParted を利用できます。

    警告:

    ディスクパーティションを縮小するユーティリティは、 適切に用いるとパーティション用の空き容量を新しく安全に作成できます。 すでにあるパーティションを間違って選択してしまう可能性があるので、 ディスクのパーティションを変更する前に、 必ず重要なデータのバックアップをとり、 バックアップが正しくとれていることを検証してください。

    ディスクパーティションごとに異なるオペレーティングシステムをインストールすることで、 一つのコンピュータに複数のオペレーティングシステムをインストールできます。 仮想化技術 を用いると、ディスクパーティションを変更することなく、 複数のオペレーティングシステムを同時に起動できます。

  3. ネットワーク情報の収集

    FreeBSD のインストール方法によっては、ネットワークに接続し、 インストールファイルをダウンロードする必要があります。 インストールする方法に関わらず、インストール後に、 インストーラはシステムのネットワークインタフェースの設定をする機会を提供します。

    ネットワークに DHCP サーバがあると、 自動的にネットワークの設定情報を取得できます。 DHCP を利用できない環境では、 システムの以下のネットワーク情報について、 システム管理者かプロバイダにネットワーク情報を問い合わせる必要があります。

    必要となるネットワーク情報
    1. IP アドレス

    2. サブネットマスク

    3. デフォルトゲートウェイの IP アドレス

    4. ネットワークのドメイン名

    5. ネットワークの DNS サーバの IP アドレス

  4. FreeBSD Errata の確認

    FreeBSD プロジェクトでは FreeBSD の各リリースができる限り安定するよう努力していますが、 時々バグが発生してしまうことがあります。極まれに、 発生したバグがインストールプロセスに影響を与えることがあります。 これらの問題は発見され解決されると、 FreeBSD のウェブサイトの FreeBSD Errata (http://www.freebsd.org/releases/10.1R/errata.html) に記載されます。 インストールに影響するような既知の問題が無いことを、 インストールする前に Errata で確認してください。

    すべてのリリースに関する情報や Errata は、FreeBSD のウェブサイトの リリース情報の項 (http://www.freebsd.org/ja/releases/index.html) で確認できます。

2.3.1. インストールメディアの準備

FreeBSD のインストーラは、 他のオペレーティングシステムで実行できるようなプログラムではありません。 そのかわり、FreeBSD インストールファイルをダウンロードしたら、 ファイルタイプやサイズに合わせてメディア (CD, DVD または USB) に焼いてください。そして、挿入したメディアからインストールするように、 システムを起動してください。

FreeBSD のインストールファイルは www.freebsd.org/ja/where.html#download から入手できます。 各インストールファイルの名前は、FreeBSD のリリースバージョンおよびアーキテクチャ、ファイルタイプからなります。 たとえば、amd64 システムに DVD から FreeBSD 10.0 をインストールするには、 FreeBSD-10.0-RELEASE-amd64-dvd1.iso をダウンロードして、ファイルを DVD に焼き、DVD を挿入してからシステムを起動してください。

さまざまなファイル形式が用意されていますが、 すべてのアーキテクチャに対して、 すべての形式のファイルが用意されているわけではありません。 利用可能な形式は以下の通りです。

  • -bootonly.iso: インストーラのみを含む最小のインストールファイルです。 インストールを行う間、インストーラは FreeBSD をインストールするために必要なファイルをダウンロードするため、 ネットワーク接続が必要です。 このファイルは、CD を焼くためのアプリケーションを用いて、 CD に書き込む必要があります。

  • -disc1.iso: FreeBSD のインストールに必要となる、ソースおよび Ports Collection といったすべてのファイルが含まれています。 このファイルは、CD を焼くためのアプリケーションを用いて、 CD に書き込む必要があります。

  • -dvd1.iso: FreeBSD のインストールに必要となる、ソースおよび Ports Collection といったすべてのファイルが含まれています。 インターネットに接続することなく、 メディアのみでシステムのインストールを完了できるように、 良く使われるウィンドウマネージャおよびアプリケーションをインストールするためのバイナリ package も含まれています。 DVD を焼くためのアプリケーションを使って、 DVD に書き込む必要があります。

  • -memstick.img: FreeBSD のインストールに必要となる、ソースおよび Ports Collection といったすべてのファイルが含まれています。 以下の手順に従って、USB スティックに書き込んでください。

また、イメージファイルと同じディレクトリから CHECKSUM.SHA256 をダウンロードし、 チェックサム を計算してイメージファイルの完全性を確認してください。 FreeBSD では sha256(1) を用いてチェックサムを計算できますが、 他のオペレーティングシステムも同様のプログラムを持っています。 計算したチェックサムと CHECKSUM.SHA256 に示されている値を比較してください。 チェックサムは完全に一致している必要があります。 もしチェックサムが一致していなければ、 ファイルは壊れているのでもう一度ダウンロードしてください。

2.3.1.1. イメージファイルを USB に書き込む

*.img ファイルは、 完全なメモリスティックの内容の イメージ です。これは、 通常のファイルのように対象のデバイスにコピーすることは できませんUSB スティックへ *.img を書き込むためのアプリケーションは複数あります。 この節ではこのうちの二つのユーティリティについて説明します。

重要:

先に進む前に、USB スティックに存在する重要なデータをバックアップしてください。 以下の手順を実行すると、 スティックに存在するデータは削除されます。

手順2.1 dd を使ってイメージを書き込む

警告:

この例では、イメージの書き込み先のターゲットデバイスとして、 /dev/da0 が使われています。 ここで使われるコマンドは、 指定したターゲットデバイスに存在しているデータを破壊してしまうので、 正しいデバイスが指定されていることに 細心の注意を払ってください

  • dd(1) コマンドユーティリティは、 BSD, Linux®, および Mac OS® システムで利用できます。 dd を使ってイメージを焼くには、 USB スティックを挿入して、 デバイス名を確定してください。 その後、ダウンロードしたインストールファイルおよび、 USB スティックのデバイス名を指定してください。 この例では、amd64 インストールイメージを FreeBSD システムの最初の USB デバイスに書き込みます。

    # dd if=FreeBSD-10.0-RELEASE-amd64-memstick.img of=/dev/da0 bs=64k

    もし上記のコマンドに失敗するようでしたら、 USB スティックがマウントされていないことや、 デバイス名がディスクに対してのものであり、 パーティションではないことを確認してください。 オペレーティングシステムによっては、このコマンドを sudo(8) で実行することが求められる場合があります。 Linux® のようなシステムでは、書き込みをバッファします。 すべての書き込みを完了させるには、 sync(8) を使用してください。

手順2.2 Windows® を使ってイメージを書き込む

警告:

適切なドライブレターを出力先に設定していることを十分に確認してください。 さもなければ、現在あるデータは上書きされ、 破壊されてしまうでしょう。

  1. Image Writer for Windows® を入手する

    Image Writer for Windows® は、 イメージファイルをメモリスティックに正しく書き込むことのできるフリーのアプリケーションです。 https://launchpad.net/win32-image-writer/ からダウンロードして、フォルダに展開してください。

  2. イメージライタを使ってイメージを書き込む

    Win32DiskImager アイコンをダブルクリックして、プログラムを起動してください。 Device の下に表示されるデバイスレターが、 メモリスティックのドライブであることを確認してください。 フォルダのアイコンをクリックして、 メモリスティックに書き込むイメージファイルを選択します。 [ Save ] をクリックして、 イメージファイルの名前を確定してください。 すべてが正しく行われたかどうか、また、 他のウィンドウでメモリスティックのフォルダが開かれていないことを確認してください。 準備ができたら、[ Write ] をクリックして、 メモリスティックにイメージファイルを書き込んでください。

これで FreeBSD をインストールする用意ができました。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。