2.2. ハードウェア要件

2.2.1. 最小構成

FreeBSD をインストールする最小構成は、 FreeBSD のバージョンやハードウェアのアーキテクチャによって異なります。

以下の節では、最小構成についての情報をまとめています。 また、FreeBSD のインストール方法によって、 対応している CDROM ドライブや、 場合によってはネットワークアダプタが必要となります。 これに関しては 「インストールメディアの準備」 で説明します。

2.2.1.1. FreeBSD/i386

FreeBSD/i386 アーキテクチャは、 486 以上のプロセッサと、 少なくとも 64 MB の RAM が必要です。 最小のインストールでは、 少なくとも 1.1 MB のハードディスクの空き容量が必要です。

注記:

古いコンピュータでは、 速いプロセッサを入手するより、より多くの RAM やより多くの容量のハードドライブを用意するほうが重要です。

2.2.1.2. FreeBSD/amd64

FreeBSD/amd64 を実行可能なプロセッサには 2 つのクラスがあります。 1 つ目のクラスは、AMD Athlon™64, AMD Athlon™64-FX, AMD Opteron™ やそれより新しいプロセッサです。

もう 1 つのクラスは、 Intel® EM64T アーキテクチャを採用しているプロセッサです。 これらのプロセッサの例は、 Intel® Core™ 2 Duo, Quad, Extreme プロセッサファミリ、 Intel® Xeon™ 3000, 5000, 7000 系のプロセッサ、 および Intel® Core™ i3, i5, i7 プロセッサです。

nVidia nForce3 Pro-150 ベースのコンピュータを使用するには、 BIOS のセットアップを使って、IO APIC を無効にする 必要があります。 もし、このようなオプションがなければ、 代わりに ACPI を無効にする必要があるでしょう。 Pro-150 チップセットには回避策が見つかっていないバグがあります。

2.2.1.3. FreeBSD/powerpc Apple® Macintosh®

すべての USB 内蔵の New World Apple® Macintosh® システムに対応しています。 複数の CPU を持つコンピュータは SMP に対応しています。

32-bit カーネルは、RAM の最初の 2 GB だけを利用できます。 Blue & White PowerMac G3 では、FireWire® に対応していません。

2.2.1.4. FreeBSD/sparc64

FreeBSD/sparc64 が対応しているハードウェアの一覧については、 FreeBSD/sparc64 プロジェクトをご覧ください。

現時点では、 他のオペレーティングシステムとディスクの共有ができないので、 FreeBSD/sparc64 専用のディスクが必要です。

2.2.2. サポートされているハードウェア

FreeBSD がサポートしているハードウェアアーキテクチャやデバイスの一覧は、 各リリースのハードウェアノートとして提供されます。 このドキュメントは通常リリースメディアのルートディレクトリにある HARDWARE.TXT という名前のファイルで見ることができます。 ハードウェアリストは、FreeBSD のウェブサイトの リリース情報 のページにもあります。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。