13.4. カーネル起動時の応答

カーネルがローダ (通常は) かboot2 (ローダを迂回して) によってロードされると、 起動フラグを調べます。 もし起動フラグがあれば、それに応じて動作を調整します。

13.4.1. カーネル起動フラグ

良く使われる起動フラグは次のとおりです。

-a

カーネル初期化中に、 ルートファイルシステムとしてマウントするデバイスを尋ねます。

-C

CDROM から起動します。

-c

起動時にカーネルコンフィグレーションを行なう UserConfig を実行します。

-s

シングルユーザモードで起動します。

-v

カーネル起動時により詳細な情報を表示します。

注記:

起動フラグはこの他にもあります。 それらについては boot(8) を参照してください。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。