13.6. init: プロセス制御の初期化

カーネルの起動が完了すると、init(8) というユーザプロセスに制御が移されます。 これは /sbin/init、 もしくは loaderinit_path 変数で指定される場所にあります。

13.6.1. 自動再起動 (automatic reboot)の動作

自動再起動では、 システム上で利用できるファイルシステムの一慣性を確認します。 もしそれに問題があって fsck(8) がその不一致を修復できなければ、管理者に直接対処させるため init(8) はシステムをシングルユーザモードへと移行させます。

13.6.2. シングルユーザモード

このモードには、 自動再起動の処理中か、 ユーザが起動時に -s オプションを指定した場合、 あるいは loaderboot_single 変数を設定することによって移行します。

また、 マルチユーザモードから 再起動オプション (-r) や停止 (halt) オプション (-h) なしで shutdown(8) を呼び出すとこのモードに移行します。

/etc/ttys でシステムコンソール consoleinsecure に設定されている場合、 システムはシングルユーザモードに移行する前に root のパスワードを入力するように求めます。

例13.3 /etc/ttys の insecure コンソール
# name  getty                           type    status          comments
#
# If console is marked "insecure", then init will ask for the root password
# when going to single-user mode.
#
# 訳) console に "insecure" という印をつけると、シングルユーザモードへ移行する
# 際に init が root のパスワードを要求するようになります。
#
console none                            unknown off insecure

注記:

insecure コンソールとは、 あなた自身、コンソールが物理的に安全でないと考えていて、 root のパスワードを知る人だけがシングルユーザモードを 使えるようにしたいという意味であり、 コンソールを安全でない状態で使いたいという意味ではありません。 そのため、安全性を求めるならば secure でなく insecure を選んでください。

13.6.3. マルチユーザモード

init(8) がファイルシステムが正常であると判断するか、 ユーザがシングルユーザモードを終了すると、 システムはマルチユーザモードへ移行し、 リソースの設定を始めます。

13.6.3.1. リソース設定 (rc)

リソース設定システムはデフォルト設定を /etc/defaults/rc.conf から、 そのシステム独自の細かな設定を /etc/rc.conf から読み込みます。 そして /etc/fstab に記述されるシステムファイルシステムをマウントし、 ネットワークサービスの開始、 さまざまなシステムデーモンの開始、 そして最後に、ローカルにインストールされた package の起動スクリプトの実行へと進みます。

リソース設定システムに関する参考資料は、rc(8) にあります。 これはスクリプトそのものを調べることと同じくらい優れたものです。

本文書、および他の文書は ftp://ftp.FreeBSD.org/pub/FreeBSD/doc/ からダウンロードできます。

FreeBSD に関する質問がある場合には、 ドキュメント を読んだ上で <questions@FreeBSD.org> まで (英語で) 連絡してください。

本文書に関する質問については、 <doc@FreeBSD.org> まで電子メールを (英語で) 送ってください。